社会人3年目で会社を辞めたい人と感じた時に探る最善の方法

スポンサーリンク

 

社会人3年目で会社を辞めたい人と感じた時に探る最善の方法

新入社員として入社して3年目。そろそろ会社を辞めたい。

そう感じている人も多いのではないでしょうか。

ただ、本当に辞めてしまっていいのか、それとも働き続けたほうがいいのか、なかなか決断することができませn。

人によっては辞めたほうがいい場合もあるし、辞めずに働き続けたほうがいい場合もあります。

今回は社会人3年目で会社を辞めたいと思った時に最善の決断をする為の方法について紹介していきます。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

まずは知っておきたい、3年目の現状

まずは、社会人3年目の転職の現状について紹介ます。

社会人3年目で辞める人は多い

入社3年以内に会社を辞める人が多いというのは、良く言われていることです。

高卒で40.0%、大卒で32.3%の人が入社3年以内に会社を辞めています。

3年目で限定して考えた場合、高卒では8.2%、大卒で9.5%が会社を辞めています。

およそ10人に1人が入社3年目に辞めるわけです。

会社を辞めたいと思った人のうち、行動にまで移す人は少ないでしょう。

そう考えると、会社を辞めたいと考える人は相当な割合に上ることが予想されます。

会社を辞めたいと思っていることは決して特殊なことではなく、ごくごく当たり前なことなのです。

関連:新入社員の3年以内離職率。第二新卒で転職する人はこんなに多い。

退職理由はネガティブなものでもいい

退職理由が、仕事がおもしろくないだとか、給料が安いだとか、仕事がきついだとか、そういったネガティブなものである場合は、転職しないほうがいいと言うことを聞いたことがある人もいるかもしれません。

確かに、ネガティブなことよりも、○○がやりたい!というポジティブな理由を持っている方がいいかもしれません。

ただ、転職する理由は、ほとんどの人はネガティブな理由から始まっています。

これは第二新卒として転職する人に限らず全て転職者もそうです。

もしネガティブな理由で転職した人が転職に失敗してしまうなら、転職した人のほとんどは失敗していることになります。

しかし実際はそんなことはなく、むしろ転職してよかったという人の方が多いです。

関連:第二新卒の退職理由、転職理由はどんなものが多い?

大手に転職することも可能だが超優良企業は無理

3年以内に会社を辞めても転職できないという話を聞きますが、今は第二新卒としての需要が増えており、大手も採用を積極的に行っている為、転職することは十分にできます。

ただ、大手自動車会社や電力会社なんかの超優良企業と言われる会社は第二新卒者の採用を行っていない為、転職することはできません。

選択肢としては十分にありますが、新卒同様に考えることはできません。

会社を辞めるか、働き続けるか、最善の決断をする為に

では、会社を辞めたいと思った時に、会社を辞めるか、それとも働き続けるかという決断をする為に考えるべきことを紹介します。

今の会社で辞めたい理由が解消できる可能性があるか、ないか

会社を辞めたいと考えているならば、その理由が何かあるでしょう。

では、その理由はもう少しその会社で働き続ければ解消できませんか?

例えば、上司が嫌だという不満であっても、それはずっと続きません。

せっかく入社した会社で、その瞬間での不満で辞めてしまうのはあまり良くありません。

転職活動はしてみればいい

会社を辞める、辞めないが決まっていなくても、とりあえず転職活動はしてみましょう。

転職活動すれば、他に良い会社が見つかり、会社を辞めたいけどどうしようなんて悩みが一発でなくなるかもしれません。

逆に今の会社の良さ気づける場合もあります。

違う職種に就きたいなら転職すべき

もし、違う職種に就きたいならば、第二新卒として転職できるうちに転職したほうがいいです。

第二新卒として転職する場合、スキルではなく、ポテンシャルを見られる為、未経験の職種には転職しやすいです。

逆に同じ職種であれば、今の仕事を続けててスキルを身につけたほうが、より好条件で転職できる可能性は高くなります。

辞めた後になりたい姿がある

会社を辞めたい理由はネガティブなものでもいいです。

ただ、辞めて転職した後、自分がどうなりたいかという姿が描けていなければ、転職しても後悔するか、同じように転職を繰り返すことになります。

自分の将来なりたい姿を目指して転職するのが理想です。

周りに何を言われてもぶれない自信がある

3年以内に会社を辞めると、その理由がなんであれ、周囲からは色々言われます。

辞めるのはもったいない、辞めてどうするんだ。

あまりにたくさんの人に言われてると、最初は後悔なんてなかったのに、いつのまにか後悔するようになってくるものです。

もし周りに言われるのがどうしても嫌ならば、辞めないほうがいいかもしれません。

決めたら後ろは振り返らない

辞めることにしたとしても、働き続けることにしたにしても、自分の選択を尊重し、振り返らないようにしてください。

振り返ってしまうと、必ず後悔することになります。

辞めると、過去が美化され後悔し、働き続けることにしたとしても、また同じように会社を辞めたいと悩み続ける。

一度決断したら、その決断に沿って頑張りましょう。

正解はない

辞めるにしても、辞めないにしても、どちらが正しいかというのはやってみなければわかりません。

どちらかを行うと、どちらかができないわけですから、結局正解はありません。

選択肢が正解であるかそうではなかったかというのは、自分のとらえ次第ですから、まずはしっかり考え決断をしてみましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ