新卒での会社選びに後悔した人が就職後3年以内にしなければいけないこと

スポンサーリンク

 

新卒での会社選びに後悔した人が就職後3年以内にしなければいけないこと

あなたは今働いている会社に満足することができていますか?

その質問にYESと答えることができるのが理想ではありますが、どうしてもそうは思えないという人が多いかなと思います。

特に新卒で入社してまだ間もない人は、「何でこの会社を選んでしまったんだろう」「違う会社に入っていればよかった」など違う会社に就職した友人と話をするたびにそう思うかもしれません。

新卒で入った会社、後悔している人は4割以上

株式会社ビズリーチが22歳から30歳の若手層を対象に入社した会社を選んだことに後悔しているかどうかという質問をしたところ、以下のような結果になりました。

  • 後悔している・・・18%
  • どちらかといえば後悔している・・・23%
  • どちらかといえば後悔していない・・・29%
  • 後悔していない・・・30%

後悔している、どちらかと言えば後悔していると回答した人は41%。4割以上の人が今の会社を選んで良かったとは思えていないのです。

その理由として多いのは、

  • やりたいことが決まらないまま入社してしまった
  • 入社後にギャップを感じた
  • 内定が出たという理由で決めてしまった

といったものが多いです。

まあ右も左もわからない学生時代に入社を決めた会社。自分は何をやりたいのかなんてその時点で明確にするなんていうのは難しいし、実際に内情なんてどこまで調べればいいか、どうやって調べればいいかなんてこともわからないもの。

限られて期間で周りが就職先を決めていく中で焦り、企業側は上手いこと自分の会社に魅力があるようにアピールする。間違った選択をしてしまうのも仕方がないと言えば仕方がありません。

会社選びに後悔している人が3年以内にすべきこと

もしあなたが新卒での会社選びに後悔しているならば、次のステップを考えなくてはいけません。

後悔しているだけで終わっていれば、結局今のまま。何も変わりません。

転職するにしろ、今の仕事を続けるにしろ、まずは今の自分と向き合うことが必要です。

第二新卒としての転職活動

現在は新卒採用とは言わないまでも、第二新卒としての採用活動が大手も含めて活発になってきている為、新卒で入社した会社が希望に合わなかった場合やすぐに辞めた場合でもやり直しがきくようになってきています。

だからこそどういったリベンジ転職のチャンスがあるのか、自分の希望を実現することができる転職はできるのかという点を知るためにも転職活動は行いましょう。

一度社会人を経験してからの転職活動は、右も左もわからなかった学生時代の就職活動とは全然違って多くのことを学ぶことができます。

若手にとって一番危険なのは一つの会社が絶対になってしまい、一つの会社に縛られること。そうならない為にも周囲に目を向けて視野を広げるということも大切です。

今の仕事をもっと冷静な目で見る

今の仕事についても改めて冷静な目で見てみましょう。

今の会社で辛いことがあったり、周りの良い部分だけの話を聞いたりすると、つい他の会社のほうが良かったのではないかと思ってしまうものなんですが、客観的に見た時に本当にそうかというと、必ずしもそうではない場合もあります。

だからこそ転職活動を行ったり、他の仕事についてよく調べてみたりして、今の仕事が本当に自分にとって悪いものなのかということを考えてみる必要があります。

自分なりにキャリアプランを立てる

キャリアプランについてたてることも大切。

入社して3年もたっていないと、そこまで具体的にイメージを抱くことができないかもしれませんが、それでも社会人未経験の頃に比べればもう少し現実に沿ったキャリアプランをたてることができるはずです。

それが転職することになる場合の軸にもなるし、辞めない場合でも将来の目標ができることで自分なりの方向性も定まるはずです。

今のまま過ごすことになるかどうかは3年が勝負

転職するにしろそうではないにしろ、最初の3年は本当に大切です。

もし今のまま不満を感じながら働いていては、その後もずっと同じような気持ちのまま過ごすことになりかねません。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ