第二新卒が大手企業に転職することは可能?不可能?

スポンサーリンク

 

第二新卒が大手企業に転職することは可能?不可能?

第二新卒では大手企業に転職することは不可能だと思っている人も多いです。

ただ、本当の実態を知らない人中で、イメージだけでそう思ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

そこで私が実際に第二新卒として転職した経験や、エージェントの人に聞いた内容から実態を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒の現状。大手企業への転職は可能?

第二新卒とは社会人1年目から3年目に転職している人のこと。

3年を待たずに会社を辞めたということから悪いイメージを持ち、そのイメージから転職市場では価値が低いと思っている人もいます。

しかし、イメージではなく本当の実態を知りましょう。

第二新卒の需要は増えている

まず、第二新卒の需要は格段に増えています。

リクナビNEXTなどの求人サイトで第二新卒の採用情報を見ると、たくさんの情報がでてきます。

明らかに数年前よりも増えています。

この理由は、「新卒社員の離職率が増えた為」ということをたまに目にしますが、実はそんなことはなく新卒社員の離職率はここ最近で増えたわけではありません。

参考:新入社員の3年以内離職率。第二新卒で転職する人はこんなに多い。

この理由は、ブラック企業などが認知され会社をすぐ辞めざるをえなかった人も多く、そういった中に優秀な人材もいるということを企業が認識した点や、終身雇用制度が緩和され始めているといったことが理由ととして挙げられます。

大手の求人も増えている

求人サイトでの求人情報を見ると、大手企業の求人もよく見ます。

ただ、大手企業とは言っても、転職ランキング上位に入るような人気企業や、就職偏差値ランキングの上位に入るような超人気企業の求人はありません。

そういった超人気企業の子会社であったり、名前はよく知られていない大手企業が多いです。

では、第二新卒として転職する場合、超人気企業に転職することは不可能なのでしょうか。

実は非公開求人として隠れている

実は、そういった人気企業は非公開求人として隠れています。

非公開求人というのは、求人サイトではでてこない求人です。

見る方法はリクナビネクストなどにあるスカウト機能に登録してオファーを貰うか、転職エージェントに登録してエージェントに紹介してもらうかの2つです。

人気企業の場合、公開求人に出してしまうとあまりにも多くの求人が来てしまう為、非公開求人として出す場合が多いのです。

私が転職活動を行っていた際には、非公開求人として誰もが知っている会社をいくつも紹介してもらいました。

人気企業は確かに難易度は高いです。

しかし、第二新卒の求人としては、表にでていないだけでたくさん有ります。

ですから、大手企業に転職することが可能かというと、可能であり、後はその人次第であるということです。

確かにいまだに第二新卒の採用を行っていない会社はあります。

しかし、選択肢としては十分あると言えるでしょう。

大手企業にこだわるか中小企業も考えるか

大手企業に入れる可能性はあります。

転職活動を会社を辞めずに働いている場合は、大手企業のみを目指して転職することもいいでしょう。

しかし、大手企業にこだわるか、それとももっと広い視野を持つかはしっかり考え転職しなければいけません。

大手企業のメリットは大きい

確かに、大手企業のメリットは大きいです。

大手企業は一般的に、中小企業よりも年収は高く、労働条件はしっかりしており、福利厚生も充実しています。

とにかく大手企業がいいと考えるのもうなずけます。

大手企業を目指すことは何らおかしいことではありません。

中小企業でもいい会社があることは忘れてはいけない

ただ、中小企業の中にも良い会社は確実に存在しています。

隠れ優良企業と言われていますね。

会社の規模、ネームバリューだけでは見つけることが出来ない会社です。

逆に大手企業であってもブラック企業もあります。

ブラックな大手企業と、優良な中小企業であれば後者のほうが良いという人がほとんどではないでしょうか。

何を求めているかが大事

転職時に大手企業に拘ってもいいです。

ただ、自分が何の為に転職するのかということで会社を選ばなくてはなりません。

学生時代の就職活動時にはわからなかったことも、実際に社会人を経験した第二新卒の人達はより具体的、現実的に仕事選びが可能となります。

ミスマッチも防ぎやすいのです。

自分が何を求めているかをしっかり認識した上で会社選びを行いましょう。

第二新卒は大手企業への転職は可能、あきらめる必要はない

ここまでの話をまとめると、第二新卒であっても大手企業の転職は可能です。

行う前から諦める必要はありません。

私の友人では、ブラック企業から誰もが知っている大手企業に転職した人もいます。

転職活動時には、しっかり考える必要がありますが、まず諦めて何もしないということはもったいないです。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ