20代で2回目の転職は不利?転職の実態や対策、成功に向けての取り組み

スポンサーリンク

 

20代で2回目の転職は不利?転職の実態や対策、成功に向けての取り組み

就職先に満足できずに転職したけれど、転職先でも満足できずに2回目の転職を考えている人もいるでしょう。

ただ、1回ならまだしも、2回目の転職は上手くいかないのではないかと不安を持っているかもしれません。

そこで、今回は20代で2回目の転職をする際に気を付けたいことを紹介します。

転職回数と転職成功率の関係

転職回数 (1)

参考:転職サイトdodaの、「転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性

 

20代前半の転職について、転職回数と転職の成功率について確認してみましょう。

転職回数が2回目の場合、20代後半であれば1回目に比べてそこまで悪くなるわけではありません。

しかし、20代前半の場合には、成功率が約半分までに落ち込むことがわかります。

第二新卒で2回目の転職は不利となる

上述した結果の通り、第二新卒で2回目の転職をする場合、1回目の時と比べれば、不利になってしまうのは間違いありません。

1回目であれば、応募者本人以外にも問題あったと捉えることができますが、2回目になると、どしても応募者自身に問題があったのではないかと思ってしまいます。

ただ、間違ってはいけないのが、転職しないほうが良いということではありません。

不利にはなりますが、それでも成功できている人はいますから、転職したいと思っているならば挑戦してみる価値はあります。

2回目の転職を成功させるには

20代で2回目の転職する際には、以下のことに気を付けるようにしてください。

ラストチャンスであるという自覚を

上記のグラフの通り、転職の回数が増えるほど、転職は成功しにくくなります。

20代の場合、3回目の転職となると、成功率は最初の転職に比べると3割から4割程度になってしまいます。

ですから、決してまた転職すればいやと思うのではなく、今回で絶対に最後にするという気持ちを持ってください。

1回目の転職が失敗だった理由を振り返る

最初の転職に比べて不利になってしまう2回目ですが、有利な点もあります。

それは1度転職活動を行っているという経験です。

その経験を存分に活かしてください。

なぜまたすぐ辞めることになったのか、以前の転職では何がだめだったのか、逆に良かった点はなんだったか。

しっかりと振り返りましょう。

どうすれば忍耐強さをアピールできるか

2回目の転職で不利になる理由の一つが「忍耐力がない」という点です。

どんな仕事にだって、嫌なことがありますから、必ず忍耐強さは求められます。

2回目の転職活動では、この点が問題ないということをアピールしていかなくてはなりません。

その為にも、転職理由として、なぜ転職したのかという点は重要になります。

どうすればすぐ辞めると思われないか

企業にとってもう一つ大切なことが「すぐに辞めないこと」です。

2回辞めた人に対して、またすぐ辞めるのではないかというのは当然思うことです。

ですから、履歴書や面接では、今回はすぐ辞めないということをアピールしていかなければなりません。

志望動機から熱意を理解してもらうなどが有効でしょう。

最後に

誰だって、最初から良い企業で働くことができるのが一番良いです。

しかし、すでに失敗したことを後悔しても仕方がありません。

大切なのは、今後どう取り組んでいくかということなのです。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ