ホワイト企業とブラック企業はどう見分ける?それぞれの見分け方

スポンサーリンク

 

ホワイト企業とブラック企業はどう見分ける?それぞれの見分け方

前職を辞めた理由が、サービス残業やパワハラなどが当たり前なブラック企業であったという理由の人も少なくはないでしょう。

次こそは絶対にブラック企業ではなくホワイト企業に入りたいと思いますよね。

しかし、入社してからではないとわからず、入ってみるとブラック企業だったなんてことも多々あるのが現実です。

ただ、それでは遅いですよね。

そこで今回はブラック企業とホワイト企業の見分け方を紹介します。

転職活動の際の企業選び時にはよくチェックしておきましょう。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

絶対チェックしておくべきブラック企業の見分け方

ブラック企業とホワイト企業を見分ける際、必ず見ておきたい項目を紹介します。

離職率

当然ですが、ブラック企業であればあるほど、社員は辞めていく為に離職率が高く、

一方ホワイト企業であれば、辞める人も少ないため、低い傾向があります。

平均勤続年数

平均勤続年数もまた、見分ける際に役立つ指標です。

勤続年数が短ければ短いほど、働いている人が辞めていき、新しい人が入ってきます。

すなわち、離職率が高いということに繋がってくるのです。

ただ、この数字だけを見ていると損することもあります。

会社がまだ新しい場合、どんなホワイト企業であっても勤続年数は短いです。

勤続年数だけで判断してしまうと、そういった企業も切ってしまうのです。

企業の口コミ

今は便利なことに、企業の口コミを見ることができます。

その口コミによってその企業の実態を見ることができます。

ただ、それなりに大きい企業でないと口コミ自体が少なかったり、口コミ自体の信頼性も怪しくなってきます。

どんなホワイト企業であっても、不満を覚える社員もいますから、それを万人の意見と思ってはいけません。

ただ、参考程度にはなるでしょう。

求人広告を見る歳のブラック企業の見分け方

最初に述べたのは、ホワイト企業、ブラック企業を見分ける上で絶対に見ておくべき項目です。

しかし、それだけではブラック企業を避けることが十分とは言えません。

求人広告を見る際の気を付ける点を紹介しましょう。

求人広告をどれくらいだしているか

いつ見ても求人広告がでている。

たまにそんな会社もあります。

その場合はブラック企業を疑ったほうがいいでしょう。

ブラック企業は辞めていく人も多い為、慢性的な人材不足に陥っています。

ですから、求人広告をよくだすのです。

ただ。求人広告をよくだしている会社の中には、辞めていく人が多い為だけではありません。

名前を知られていないが故に、希望の人材の応募が無い会社であったり、業績が上がり続けている為に人材不足である会社である場合もあります。

判断する際にはその企業の業績も気にしたほうがいいでしょう。

求人広告の内容

求人広告をぱっとみて怪しそうなことを書いている会社はブラック企業である危険性が高いです。

他の業界に比べてあまりに高い年収や、年間休日数であったり、中途採用にも関わらず募集条件が低く誰でもいいような書き方であったりすると危険です。

曖昧な求人広告

求人広告が曖昧であることも多いです。

たいてい年収は○○万円から○○万円と書いている場合が多いですが、その範囲が広すぎてどの程度なのかわかんない会社は危ないです。

他にも最大で月給50万円も可能とかいう書き方も怪しいです。

残業○時間で、月給○○万円といった形で書かれているほうがいいです。

面接時のブラック企業の見分け方

書類選考が通った場合、面接に進みます。

面接で初めて応募した企業の人に会うことになります。

この時は、面接で会う人をよく観察しましょう。

面接は企業があなたがどういう人間かを判断するだけの場ではく、あなたも企業のことを判断する場ばのです。

社員に覇気がなかったり、やたら体力を強調してきたりと見極める材料は多いです。

内定後のブラック企業の見分け方

面接が終わるとうまく行けば内定です。

内定するとうれしいのでそれで終わってしまいますが、内定したからといってすぐにそこの会社に行くと決めるのではなく、内定後にもしっかり見分けなければなりません。

労働契約書には、給料、休日など必要な情報が載っています。

ですから、内定承諾前にしっかり確認しましょう。

ただ、労働契約書を確認したいにも関わらずに出してこない場合があります。

そういった会社は非常に危険です。

正社員だと思ってたのに、いざ入ってみると契社員であったなんてこともあるのです。

転職活動時に言っていた労働条件と、実際の労働条件に相違はないかということはしっかり

とにかく労働契約書は必ず準備してもらいましょう。

最後に

ブラック企業をしっかり避けなければ、またしても転職活動をしなくてはならなくなってしまいます。

目立たないブラック企業もありますから注意しなくてはなりません。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ