社会人1年目で会社を辞めたい、転職したい。どんなことに注意すべき?

スポンサーリンク

 

社会人1年目で会社を辞めたい、転職したい。どんなことに注意すべき?

新卒で入社して社会人1年目。入社したばかりだけれど会社を辞めたい、転職したいと思っている人は多いです。

実際、1年以内に会社を辞める人は高校卒の新卒社員で19.4%、大学卒の新卒社員で12.2%もいます。

辞めたいと思っている人に限れば、かなりの割合の人が思っているのではないでしょうか。

とは言うものの社会人1年目で辞めるのは気が引けるもの。

そこで、今回社会人1年目で転職する際の注意点を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

社会人1年目の転職は可能か

新卒で入社した会社をすぐに辞めると、次の仕事を見つけることができないと思われることが多いです。

その結果、会社を辞めたいと思いながらも、動くことすらせずに働き続けるという人も多いです。

ただ、それはあくまでもイメージです。

まずは実際にどうなのかを知ったうえで、本当に仕事を辞めるのか、それとも辞めずに働き続けるかということを決める必要があります。

社会人1年目で会社を辞めることのイメージ

1年目で会社を辞め、転職することに対し、どのようなイメージを持たれると考えますか?

一般的には、以下のことがあげられます。

  • すぐ辞めてしまう
  • スキルは無い
  • ストレス耐性が弱い

こういったイメージから、会社を辞めても転職先なんてないと思いがちです。

さて、これは正しいでしょうか。

確かに、すぐ辞めてしまうという事実は良く見られるものではありません。

しかし、転職市場では、それが必ずしも不利になることではありません。

第二新卒での転職で求められているもの

そもそも第二新卒自体が、社会人3年目以内に転職活動を行っている人が対象となっているものです。

そして、企業が転職活動者に求めているのはスキルではなく、若さやポテンシャルです。

3年以内に退職した人に対して、元々上記であげたような悪いイメージが持たれていました。

しかし、それでも第二新卒の需要は増え、積極的に採用が行われています。

ですから、企業はそれほど気にしていないのです。

また、社会人3年目以内が対象となる中で、社会人1年目というのは、若さの点では有利になります。

社会人1年目での転職は不利か有利か

第二新卒という枠の中で、転職活動を行う中で、社会人1年目の人と、社会人3年目の人のどちらが有利で、どちらが不利ということはありません。

それは企業によるのです。

第二新卒に求められているものには、もう一つ社会人マナーなどが身についているという点があります。

この点を考えれば、社会人1年目よりも3年目の人が好まれるでしょう。

一方で、若さであれば社会人1年目の人が好まれるでしょう。

何を好むかは企業によります。どちらが有利、不利ということはないのです。

不安であれば、転職活動をすればいい

それでも、社会人1年目で会社を辞め、転職することに対し不安を抱いている人も多いでしょう。

そういった場合は、とりあえず転職活動してみればいいのです。

転職活動すること自体は誰でもできることです。

会社を辞めるかどうかという決断は、転職活動を進めながら、決めればいいものです。

悩むくらいなら、まずはやってみることが大事です。

転職することは可能、ただ辞める理由と目的は明確に

上記で述べたように、社会人1年目でも転職すること自体は難しいことではないです。

会社を辞めたいのであれば、辞めてもいいのです。

しかし、その前にしっかりと会社を辞める理由、そして目的を明確にする必要があります。

そうしなければ、また会社を辞めたいと思ってしまうことになります。

特に、社会人1年目の人ほど、勢いで辞めてしまいがちです。

そうして勢いで新卒入社後すぐに辞めてしまった人で、後悔してしまったという人がたくさんいます。

中には、会社を辞めたいと思っていても我慢して働き続けた結果、仕事ができるようになると、仕事自体が面白くなってきたという人もいます。

ですから、しっかり会社を辞める理由、そして目的を考えなくてはなりません。

それを考えるのは自分自身です。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ