新卒で派遣社員。正社員を目指すタイミングは?

スポンサーリンク

 

新卒で派遣社員。正社員を目指すタイミングは?

新卒入社時、正社員になることが出来ずに派遣社員として働いている人も少なくありません。

しかし、そういった人はいつかは正社員として働きたいと考えているのではないでしょうか。

では、派遣社員から正社員を目指すタイミングはいつがいいのでしょうか。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒が派遣社員から正社員になる方法は2つ

派遣社員から正社員になる方法は2つあります。

派遣先に会社で直接雇用される

派遣社員として働いていて、優秀であることを認められれば正社員として直接雇用されることを持ちかけられます。

特に、第二新卒という若い世代の場合、他の年齢に比べるとその可能性は高いです。

新卒社員の離職率は3年以内で大卒でも3割と非常に高くなっており、派遣先の企業でも新卒社員は辞めていきます。

企業は社員に辞められてしまうと、人手不足となり補充する飛鳥がでてきます。

派遣期間3年の中で、同世代の社員が辞めてった時、人手の補充として、派遣社員に目が向けられることは少なくないです。

なぜなら、その会社の仕事の経験がある、実際の働きぶりを知っている為です。

中途採用で実際はどうなのかわからない人を採用するよりも、実際の働きぶりをみて優秀だとわかっている派遣社員のほうが企業にとってもメリットがあります。

第二新卒として転職する

3年間は社会人として働かなくてはいけないという概念はすでに無く、3年未満、それどころか1年未満でも転職の門戸は大きく開かれている状況です。

派遣社員として働きながらも、転職活動を行い正社員への転職を目指すことは十分に可能です。

派遣社員の場合、スキルとしては正社員に比べて低いと思われてしまいます。

しかし、第二新卒では仕事のスキルは関係なくポテンシャル採用であることから、元々派遣社員だったからと不利になることも少ないです。

正社員を目指すタイミング

では、最初に派遣社員として働いているタイミングはいつがいいでしょうか。

直接雇用を目指す場合、派遣社員として働くことができる3年間は派遣社員として働く必要がある場合がほとんどです

3年間の期間満了後に正社員への転換を打診される可能性があります。

転職を目指す場合は、1ヶ月から2ヶ月程度働いた後であれば、十分転職を目指していいと言えます。

第二新卒で求められているのは、仕事のスキルでは無く、ビジネスマナーが身についているかどうかです。

1ヶ月から2ヶ月程度働けば、一通りのビジネスマナーは身につくでしょう。

ただ、企業によっては3ヶ月以上、半年以上は経験していることを希望する場合もあります。

とは言え、転職活動は失敗してもリスクがあるわけではありませんから、とにかく早くはじめたほうがいいです。

できるだけ早く始めたほうがいい

第二新卒として派遣社員から正社員を目指す場合のタイミングは早いほうがいいということです。

企業の直接雇用は結果がでるのは3年後です。

3年間も待たなくてはなりません。

直接雇用されればいいですが、もしされなかった場合には転職市場で第二新卒の資格を失ってしまいます。

第二新卒の資格を失うということは、スキルや実務経験を求められる中途採用の中で正社員を目指した転職活動を行う必要がでてくるということです。

その場合、派遣社員であることはマイナスポイントとして見られ不利になるのが現状です。

しかし、第二新卒として転職するのであれば、同じ土俵で戦うことはできます。

直接雇用を目指して派遣先での仕事を全力で頑張るというのは非常に大切なことですが、それだけではリスクが高すぎます。

せっかく第二新卒という資格を持っているのですから、とにかく早く転職活動を始めることが必要です。

ですから、正社員を目指すタイミングは今すぐと言えるでしょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ