第二新卒者は転職サイトとハローワーク、どちらの求人情報を使う?

スポンサーリンク

 

第二新卒者は転職サイトとハローワーク、どちらの求人情報を使う?

新卒入社3年以内に会社を辞め、第二新卒として転職する人も非常に多くいます。

転職活動の中で、求人情報を知る手段として転職サイトとハローワークがあります。

第二新卒として転職活動を進めるうえで、どちらを使うべきでしょうか。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

転職サイトとハローワークの違い

どちらを使うべきかを考えるうえ、転職サイトとハローワークの特徴を知らなければなりません。

その特徴を知った上で、どちらを使って行うかを決めましょう。

転職サイトの特徴

転職サイトは以下の特徴を持っています。

  • 無料で利用可能
  • 求人情報以外の転職に関する情報も豊富
  • 求人情報を企業が掲載する際は有料
  • 大企業が多く、中小企業は少ない
  • 全国の求人情報を見ることができる
  • 無料サポートを受けることができる

転職サイトに掲載する為に、企業は転職サイトの運営会社に掲載料を支払わなくてはなりません。

掲載料金は1ヶ月で数十万かかりますし、掲載したからといって応募があるとは限りません。

その為、中小企業にとってはかなりおおきな出費となってしまいます。

その為、転職サイトは資金に余裕のある大企業が多く、中小企業は少なくなります。

また、転職エージェントを利用することで、公開されていない求人情報を紹介してもらえたり、無料で履歴書、職歴書の添削をしてもらえます。

ハローワークの特徴

ハローワークは以下の特徴を持っています。

  • 無料で利用可能
  • 求人情報を企業が掲載する際は無料
  • 中小企業が多い
  • それぞれの地方にでの求人情報が多い
  • 無料の職業相談がある

ハローワークは厚生労働省が運営している行政機関であり、求人を探している人はもちろん、企業が掲載する際も無料となります。

その為、資金に余裕がない中小企業でも掲載することが可能であり、それぞれの地方での求人情報が多く掲載しています。

またハローワークでも、職業、転職相談することは可能ですが、その質は転職エージェントと比べるとどうしても落ちてしまうでしょう。

転職サイトとハローワーク、どちらを使うべきか

転職サイトとハローワークのどちらを使うかは、どういった転職をしたいかで決めましょう。

例えば、勤務先は全国どこでおいいから大企業のほうがいいというのであれば転職サイトのほうがいいし、中小企業でもいいから地元で働きたいのであればハローワークのほうがいいです。

もちろん、どちらも利用は無料ですから、どちらも使ってもいいです。

転職サイトとハローワーク、利用時の注意点

とは言え、転職サイト、ハローワークを利用する際には注意しなくてはいけない点もあります。

転職サイト利用時の注意点

転職サイトを利用する際、注意しなくてはいけないのは、面接にかかる費用です。

全国の求人に対し、応募し面接を受ける場合、交通費は自分で支払わなくてはいけません。

何社も受ける場合、遠ければ遠いほど大きな出費となってしまうでしょう。

ハローワーク利用時の注意点

ハローワークは、企業が求人情報を掲載することが無料であるが故、ブラック企業も多くまぎれていることが多いです。

ブラック企業は離職率も高いため、常に人が足りなく求人情報を出し続けなければなりませんので、無料で掲載できるハローワークに常に出しています。

実際に入社してみると給料、労働条件が違ったなんてことが無いように特に注意してその企業のことを調べなければなりません。

第二新卒は特に転職サイトを使ったほうがいい

第二新卒に限ると、転職サイトに登録することをお勧めします。

第二新卒の場合、何をアピールすべきか、職歴書や履歴書はどう書くべきかは通常の中途採用とは違います。

ですから、第二新卒に特化したアドバイスが必要となります。

最近は内定までのフォローを行ってくれる第二新卒向け転職サイトも多くあります。

そういったサポートを受けることができることは大きなメリットです。

どちらにしろ無料ですから、まずは登録してしみましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ