ポテンシャル採用とは?第二新卒の転職では何を見られる?

スポンサーリンク

 

ポテンシャル採用とは?第二新卒の転職では何を見られる?

第二新卒として転職する場合には、スキルや経験よりも、その人自身のポテンシャルを採用基準とする、ポテンシャル採用を行う場合が多いです。

ただ、スポテンシャル採用ではどういう点を見られるのかというのが、スキルや経験に比べて曖昧になりがちです。

そこで、今回は、ポテンシャル採用とはどういったものかを紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とは、今後、成長して企業の貢献できるのかなどを、その人の性格や、考え方、一般的な能力といったものから人物像を見極め、採用基準とするものです。

あくまで、人物像を見られる為、現時点での仕事に関する専門知識や実務経験は重視されません。

一般的な中途採用の場合、即戦力となりうるかどうかという視点から、スキルや経験を重視する傾向がありますが、新卒入社は当然仕事経験が無い為、ポテンシャル採用が行われることが多いです。

第二新卒の場合、社会経験があるとは言え、まだまだ経験は少なく、スキルや実績をあまり評価されません。

年齢はほぼ新卒と変わらなく、今後の成長も期待できる為、ポテンシャル採用が行われることが多いです。

第二新卒では何を見られる?

では、第二新卒ではポテンシャル採用でどういったことが見られるのでしょうか。

第二新卒におけるポテンシャル採用で見られる点を紹介します。

熱意、やる気

第二新卒を積極的に採用している企業で、仕事に対する熱意、やる気があるかという点を重視している企業は多いです。

熱意、やる気がある人材の方が成長スピードは早く、目標も明確になっています。

また、若手社員の熱意ややる気は、既存の社員にも良い雰囲気をもたらすことも期待されます。

スキルや経験が無い分、今後の成長を期待されているわけですから、成長できる人材だと思われることが大切です。

一般的な能力

コミュニケーション力や、論理的思考力といった、仕事をする上で必要な能力が備わっているかは当然見られます。

これは、たとえ社会経験が浅くても、人によって差が大きく、今後仕事をしていく中でも、仕事ができるかできないかに直結していきます。

ストレス耐性

企業にとって、すぐ辞めるかもしれない人は、採用したくありません。

できるだけ長く働いてくれる人を採用したいと考えます。

ストレス耐性が低いと、仕事で少し嫌なことがあると辞めてしまう為、当然ストレス耐性が高い人の方を採用したいと考えます。

特に、第二新卒の場合、3年以内に辞めてしまった経験がある為、企業は気にします。

面接では、辞めた理由がストレス耐性が弱いことが原因ではないということを示す必要があります。

地頭の良さ

企業によっては、地頭の良さを重視することもあります。

知識や、経験ではなく、その人が持っている元々の頭の良さ。

先ほど述べたコミュニケーション力や論理的思考力もこれに当たることがあり、他には先見性や思考のスピード、広い視野なんかがあたります。

転職活動では、何が評価されるのかをしっかり理解しておくこと

今回、ポテンシャル採用について紹介してきました。

第二新卒の場合、これに加えてビジネスマナーや一般常識がしっかり身についているかということが見られます。

企業がどんな人材を求めていて、どういったことを高く評価するのかということを、それぞれの企業についてしっかり調べ、理解しましょう。

的外れなアピールをしても、受かることはできませんから注意しましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ