第二新卒でも転職して年収アップは可能?それとも下がるのが当たり前?

スポンサーリンク

 

第二新卒でも転職して年収アップは可能?それとも下がるのが当たり前?

転職する理由が、年収をアップさせたいからという人も多いと思います。

また、たとえ年収アップが転職の1番の理由ではなくても、ほとんどの人はできることなら年収をアップさせたいと考えるでしょう。

では、第二新卒で転職する場合、年収をアップさせることはできるのでしょうか。

それとも下がってしまうのが当たり前なのでしょうか。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒での転職で年収はどうなる?

第二新卒での転職の場合、キャリア採用に比べると、年収アップはあまり期待できないのが現状です。

もちろん年収アップすることができる人もいますが、現状維持もしくは若干下がる人が多いです。

特に、転職前の企業が大企業で年収も同年代に比べて高い人は、年収が下がる場合がほとんどです。

第二新卒での転職で年収アップが期待できない理由

では、なぜ第二新卒での転職で年収アップが期待できないのでしょうか。

未経験職種、スキルがない

転職の場合、年収アップにつながる材料の一つとして、その仕事に対して経験があり、スキルを持っていることが挙げられます。

しかし、第二新卒の場合、未経験職種への転職の為にスキルがなかったり、たとえ同職種への転職の場合でも、経験年数が3年以内である為、スキルを持っているとみなされないことがほとんどです。

その為、3年目に転職する場合でも、仕事に関するスキルがないと見なされてしまいます。

年収交渉ができにくい

転職の場合、高いスキルを持っていれば、年収交渉をすることができます。

しかし、第二新卒の場合、スキルがなく、年収交渉するだけの武器を持っていないことがほとんどです。

年収を交渉するなら、根拠が必要となりますが、その根拠が無いため、年収交渉しても通ることはあまりなく、それどころか面接官の心象を悪くしてしまう可能性もあります。

選択肢がそれほど多くない

第二新卒の需要は増えており、大手企業でも第二新卒の採用枠を増やしています。

しかし、それでも新卒採用時や、通常の中途採用時に比べると選択肢は少ないのが現実です。

年収をアップさせるには、スキルを武器にすること以外に、年収のベースが高い会社に行くという方法がありますが、

特に年収が特に高い、有名企業は第二新卒の採用をそもそも行っていないことが多いです。

若い時は、会社による差があまりない

そもそも第二新卒のように、入社3年以内の若手は、それほど年収が高くなく、会社によっても差が少ないです。

たとえ、転職せずに働き続けたとしても、年収があがるのは4年目以降であることも多く、

転職したところでそう変わらない場合も多いです。

第二新卒の転職の場合、その会社で新卒から入社して働いている人よりも年収が高くなることはまずありません。

良くても、同年齢の人と同じ立場になる為、平均年収が高い会社に入っても、年収があまり変わらないことが多いです。

目の前の年収は気にしないほうがいい

第二新卒の場合、目の前の年収を気にしても仕方がない部分も多いです。

たとえその時の年収が多少高くても、将来的に昇給が少ない会社であれば、結果的に生涯で貰える額は少なくなります。

一方、将来的に昇給の見込みが高く、出世もしやすいのであれば、結果的に生涯で貰える金額は大きくなります。

そもそも、若い時の年収の差は、特別高い会社でない限り、気にするものでもありません。

結果的に差がでるのはその後の給料がどうなっていくかです。

会社によっては転職してきた人はある一定までしか出世できない、出世のタイミングも遅くなるという場合もあれば、転職は関係ないという会社もあります。

そういった部分も気にしていく必要があるでしょう。

それでも年収をアップさせたいなら

とは言え、なんとか年収アップさせたいという人もいるでしょう。

では、どうすれば年収アップする可能性を高くすることができるのえしょうか。

複数の企業から内定を貰い、交渉する

年収交渉するなら、何らかの武器が必要です。

その武器の一つとして、複数の企業から内定を貰っているいう事実です。

ですから、年収交渉するならば複数の企業から内定を貰い、かつ優秀で示すことが必要になります。

企業はたとえスキルがなくても、とびぬけて優秀な人材であれば、年収が高くても採用したいと考えます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは必ず利生するようにしましょう。

転職エージェントは転職サイトでは見ることができない非公開求人を多くもっています。

公開求人に比べ、非公開求人は年収が高めの企業も多い為、積極的に活用していきましょう。

また、転職エージェントに自分の希望年収を言えば、それがあてはまる企業を紹介して貰えます。

在職中に転職活動を行う

転職活動は極力、会社を辞めずに在職中に行うようにしましょう。

すでに辞めてしまうと、仕事が決まらずに焦り、結果的に以前の仕事よりも年収が低い仕事でも仕方ないと思ってしまいます。

また、面接官にとっても辞めている人は内定をだせば入社してくれる可能性が高い為、それほど年収を上げる必要もないと判断してしまいます。

第二新卒での転職の時は必ず将来を考える

第二新卒で転職する場合、目の前のことばかりを気にして、将来どうなるかということを考えていない人も多いです。

しかし、大切なのは将来にどうなるかと考えることです。

年収アップを考えた場合でも、昇給や自分の成長といった面から、総合的に判断するようにしましょう。

まちがっても、転職時だけの給料が高いということだけで転職を決めるようにしてはいけません。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ