第二新卒で転職するなら、どんな業界、職種が入りやすい?

スポンサーリンク

 

第二新卒で転職するなら、どんな業界、職種が入りやすい?

転職する場合、業界や職種によっても転職のしやすさは変わります。

もちろん、自分が行きたいと思える業界、自分が就きたいと思える職種に就くことがベストですが、

一つの参考として転職しやすいの業界や職種を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒が転職しやすい業界

第二新卒との転職需要は、まだ伸びている途中であり、業界によって積極的に採用を行っている会社と、あまり積極的に採用していない業界があります。

今回は、積極的に採用を行っている業界を紹介します。

IT業界

IT業界は第二新卒の採用を積極的に行っている業界の一つです。

IT業界は、第二新卒問わずに人手不足が顕著な業界であり、正社員を増やしたいと考えている企業は多いです。

今後もその需要は伸びていくと考えられており、知識、経験が転職する時点でなくても、今後を見据えて若い第二新卒を積極的に採用しているという面があります。

また、以前の悪いイメージから新卒者のIT離れが進んだ結果、新卒を思った通りに増やせていないという面もあります。

今後も活かせるスキルが身につくことができる業界として、転職する際には考えておきたい業界です。

医療業界

医療業界は、専門知識がなければ入れないと思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

もちろん、医者、看護師、薬剤師などは国家試験に通らなければなりませんから、第二新卒として転職することはできませんが、

製薬会社などは第二新卒を積極的に採用しています。

特にMRは離職率も高い為、狙いどころと言えます。

ただ、専門知識が必要である為、年齢が高くなってくると、転職が難しくなってくる為、第二新卒者の特権ともいえるでしょう。

住宅、不動産

住宅関係や、不動産関係の企業も第二新卒を積極採用しています。

大手企業も積極的に第二新卒者を採用しており、もし大手企業に入りたいならば、この業界を狙っていくというのは一つの手です。

元々転職者が多い業界ですから、第二新卒で転職する場合も受かりやすいといえます。

公務員

民間企業ではなく、公務員となる方法も一つの方法です。

公務員試験は、新卒でなくても受けれます。

年齢制限がありますが、第二新卒であれば、その年齢制限に引っかかることもありません。

公務員になるには、学生と同じ試験を受けることになり、それなりに勉強する必要もあるでしょう。

第二新卒にしやすいの職種

では次に、第二新卒で積極的に採用されている職種を紹介します。

ITエンジニア

IT業界が人手不足となっているというのは上記で述べましたが、特にITエンジニアの人手不足となっています。

ITエンジニアといっても色々とあり、SE、Webエンジニア、ネットワークエンジニアなどがあります。

第二新卒として知識が無い状態で入っても、十分に入社後に身につけていくことは可能です。

ITエンジニア、特にSEについては、残業が多い、給料が安いとあまり良いイメージを抱かない人も多いかもしれませんが、その状況は以前よりは改善されてきています。

とは言え、まだまだそういう会社はある為、会社選びは慎重に行ったほうがいいです。

営業

第二新卒として募集している職種で多いのが、営業です。

未経験であっても、若いということが武器になる為、企業も積極的に採用しています。

営業と聞くと、きついイメージを持つ人も多いかもしれませんが、会社によってやり方やノルマなども大きく変わる為、

イメージだけで毛嫌いするのはもったいないかなと思います。

視野は広く持つことが大切

もし、やりたいことが明確であるならば、転職しやすい業界だろうと、しにくい業界だろうと関係なくその企業を目指していけばいいです。

しかし、どんな仕事をしようかと考えた時に、元々持っているイメージで選択肢から外すことはあまり良いことではありません。

視野を広く持ちながら転職活動を行って行きましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ