やりたい仕事ができていないなら第二新卒で転職したほうがいい

スポンサーリンク

 

やりたい仕事ができていないなら第二新卒で転職したほうがいい

あなたは現在、自分がやりたいと思っている仕事に就けていますか?

就職活動で失敗してしまったり、希望部署に配属してもらえなかったからといった理由で、やりたい仕事ができていないということに不満を抱いていませんか?

第二新卒として転職するか悩んでいるならやりたいことができているかで判断

とりあえず3年は働いた方が良いと言われている一方で、入社3年以内に退職した人を対象とした第二新卒者の需要はどんどん増えています。

それ故、転職したほうが良いのか、とりあえずもう少し働いたほうがいいのかは悩んでしまうところですね。

もし悩んでいるなら今自分がやりたい仕事ができているかを考えてみるといいです。

職種変更は若いうちにしたほうがいい

中途採用は基本的に経験があり、スキルが身についていることが前提。

年齢が高くなるにつれてそれは色濃くなり、未経験者の転職難易度は高くなっていきます。

ですから未経験職種に転職するのなら早いほうがいいです。

特に第二新卒は、それまでの経験ではなくポテンシャルを強く評価されるものですから未経験者への転職が非常にしやすいという特徴があります。

年齢が高くてもキャリアアップは可能

キャリアチェンジは年齢が低いほうが有利である一方、キャリアアップは年齢が高くても十分可能。

もちろん、相応のスキルや経験が必要になりますが、それこそ40代になってヘッドハンティングされる人がいるわけです。

未経験の職種に転職したら、その瞬間は年収が下がるかもしれないし、企業規模も小さくなるかもしれません。

しかし早めにキャリアチェンジしておけば、自分の努力次第で今後キャリアアップできる可能性は十分にあるのです。

やりたいことができているならとりあえず3年は間違っていない

一方、もしもやりたい仕事はできているものの、給料や休日に不満がある場合については3年頑張るという選択はありです。

もちろん、あまりにひどい労働環境だったら転職したほうがいいとは思いますが、我慢できる範囲なら転職するメリットがそれほどないかもしれません。

3年経過することによって得られるもの

3年働くことによって得られることって割と多いです。

まずは仕事の経験。1年、2年働いた人に比べれば色々なことを経験することができ、スキルを身につけることができるはずです。

まあ成長が全然できない職場もありますから、仕事内容が良いとは言っても転職したほうが良いという場合もありますが、しっかり経験を積めるならばその会社で積むことは将来につながります。

また、その仕事を3年経験したという職歴も、経験者採用の場合には重要になります。

経験者採用する場合の一つの基準が、その職種で働いた経験が3年以上あるということ。

同じ仕事を続けていくなら3年働く意味もあるのです。

4年目以降にキャリアアップしていけばいい

年収が低い、出世しても給料があがらなそう、あまり労働条件も良くない。

そう考えているなら経験者採用に応募できるようになる4年目に転職すればいいのです。

中小企業から大企業への転職は難しいと良く言われていますが、希少で高いスキルを持っているならば十分可能。

現時点で転職することを意識できたことは非常に大きなことであると捉え、将来に向けて努力していきましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ