転職に失敗、退職したことを後悔。そう思わない為には?

スポンサーリンク

 

転職に失敗、退職したことを後悔。そう思わない為には?

転職することで一番怖いのが、失敗してしまうのではないか、退職しなければよかったと後悔してしまうこと。

転職は、今の環境をよりよくする為に行うものであるにも関わらず、転職して後悔してしまうことは避けなければなりません。

その為に、なぜ転職に失敗してしまうか、なぜ退職したことを後悔してしまうかについて知っておく必要があります。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

転職における失敗とは?

転職したことを失敗と判断するのは自分自身です。

なぜ失敗と思ってしまうのでしょうか。

転職に失敗したと感じてしまう場合

転職に失敗したと感じてしまう主な理由として以下のようなことが挙げられます。

  • 実際仕事をしてみると、やりたいことと違った
  • 自分の希望が間違っていた
  • 面接の時と条件が違った
  • 人間関係がうまく行かず、居心地が悪かった

やりたい仕事と違った

仕事がつまらない、もっとやりがいのある仕事をしたい。

そう思って転職したはずなのに、実際にやってみると、自分がやりたい仕事とは違った。

結局仕事はつまらなく、転職が失敗と感じてしまいます。

自分の希望が間違っていた

労働時間は長くなってもいいから、もっと年収をアップさせたい。

年収は下がってもいいから、残業が無く、楽な仕事に就きたい。

しかし、実際に働いてみると、良しとしていたはずの部分に耐えられないことがわかったということに気づくというのも失敗の例としてあります。

面接の時とは条件が違った

転職活動時には非常に魅力的な条件だったのに、いざ転職してみると全然労働条件が違ったという話もよく聞きます。

特に給料の面では多いようです。

人間関係が上手く行かず、居心地が悪い

人間関係は会社生活に非常に大切なもの。

しかし、それがうまく行くかどうかは転職してみないとわからないものです。

すでに出来上がっている人間関係の中に、新たに入っていくのは非常に難しいという一面があります。

失敗は想像していたもの、期待していたものとの違い

上記のことをまとめると転職による失敗は、自分が想像していたもの、期待していたものとの違いから生まれます。

想像が間違っていた、過度な期待を持ちすぎていた、想像した通りのことにならなかったなどが失敗に繋がります。

転職を失敗させない為には、現実的な想像、期待を持ち、いかのそこにあわせることができるか大切になります。

退職しなければよかったと後悔するのはなぜか

転職に失敗してしまった時、違う会社に転職すればよかったという人もいれば、退職しなければよかったと後悔してしまう人もいます。

違う会社に転職すればよかったと感じることができれば、再度転職することによってその悩みを解消することができます。

もちろん、転職回数を無駄に増やしてしまっただとか、また転職活動をしなくてはいけないだとか、色々とありますが、それでもまだやることはきまっています。

しかし、退職しなければよかったと後悔してしまうと、解決策は前職に戻ることになりますが、ほとんどの場合それは叶いません。

会社によってはその可能性もありますが、ほとんどの場合、戻っても元の状態になることはできません。

では、なぜ退職しなければよかったと後悔してしまうのでしょうか。

そこにはいくつかの原因があります。

辞めてからの転職活動、条件が下がってしまった

会社に行きながら転職活動を行えば、転職先が決まった時点でその会社に行くか、それとも今の会社に残るかという選択肢を持てます。

しかし、辞めてからだとその選択を持てず、条件が下がってしまうことを受け入れなければならず、前の会社への未練が残ってしまいます。

環境の変化に慣れない

環境の変化に慣れることは、年齢を重ねるほど大変なことです。

それは転職の場合も同じで、新しい会社に慣れるまでは非常に大変です。

その時に思うのは、前職での気楽さ。

ある程度働いていた会社だと、周りの人間も知っているし、仕事も知っている為、仕事はやりやすい環境です。

その為、前の会社のほうがよかったと思ってしまい、退職したことを後悔してしまうのです。

実際は嫌な部分がたくさんあったはずなのに、その部分を忘れてしまうのです。

転職で失敗し、退職したことを後悔しない為には

では、どうすれば転職に失敗し、退職したことを後悔しないようにできるのでしょうか。

そこには転職前、転職後にそれぞれ大切な考え方があります。

転職前に大切にすること

上記でも話しましたが、転職を失敗させない為には、転職前に想像、期待していることと、実際に転職すした後の結果を一致させなければいけません。

過度な期待をしてはいけませんし、ありもしない想像をしてもいけません。

より現実的なことを想像し、その上で転職するかどうかを判断する必要があります。

そして、実際に転職先が見つかった時に、しっかり今の会社と比較する必要があります。

しっかり判断する為に、自分にとって何が大切なのか、自分の強みはなんなのかという自己分析をしっかり行う必要がありますし、

仕事内容についてもしっかり確認しておかなければなりません。

また、労働条件についても内定後にしっかり確認しておきましょう。

勝手に良い方向に想像せず、現実的にとらえてください。

転職後に大切にすること

転職の失敗、そして退職への後悔は、転職先がどういった会社かだけではなく、自分に原因がある場合もあります。

転職してすぐは慣れないことによって、大変なことが多いのは当然のことです。

人間関係、仕事などすべてが大変です。

しかし、そういったことは時間が解決してくれることがほとんどです。

その前に退職したことを後悔してしまいがちですが、それは早すぎます。

まずは、せっかく入った転職先にいち早く慣れることを意識しましょう。

そうすることで、退職への後悔は感じなくなります。

第二新卒者は特に注意しよう

第二新卒者は特に注意が必要です。

社会人1年目から3年目で辞める第二新卒者は、次の転職先に対しての期待が高すぎることが多い為です。

もちろん、しっかりした考えを持っている人もいますが、中には仕事に対して甘い考えを持っている人もいます。

また、働くということに対して、経験が少ないゆえに、本当に自分が大切にしたいことがわかっていないことも多いです。

仕事とはどんなものか、自分は何を大切にしたいのかということを、特にしっかり考えなければなりません。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ