20代の転職。上手く行った人と行かなかった人との違いは?

スポンサーリンク

 

20代の転職。上手く行った人と行かなかった人との違いは?

大卒の3年以内離職率は、3割を超えているという実態について、聞いたことがる人も多いのでしょうか。

3年以内に限らず、20代で転職する人は非常に多いです。

その人たちの中には、転職が上手くいったという人もいれば、上手く行かなかったという人もいます。

転職が上手くいくか、それとも上手くいかないかというのは、どこに違いがあるのでしょうか。

転職が上手くいくってどういうこと?

まずは、転職で上手くいくということがどういうことなのかを決めなければなりません。

上手くいったか、上手くいかなかったかは、人によって全然違いますし、内定を貰った時点でわかるものでもありません。

大企業に内定を貰ったからといって、転職が上手くいったというわけではありません。

年収の多い会社に転職できたからといって、転職が上手くいったというわけではありません。

転職が上手くいったかどうかは、あなたがこうなりたいという姿を明確にし、その姿にどれだけ近づくことができたかで変わります。

もちろん、中には深く考えず、たまたま自分にあった会社に行くことができたという人がいるかもしれません。

しかし、それでは転職が上手くいく確率は非常に低くなってしまいます。

ですから、まずは上手くいったという姿を明確にする必要があります。

転職で上手く行った人と行かなかった人の違い

転職が上手く行くか行かないかというのは、転職や仕事に対する考え方であったり、転職活動の取り組み方によって変わってきます。

転職に対する期待

転職に対して、期待を持つことは良いことです。

期待を持てていない状態では、転職活動のモチベーションが低くなってしまいます。

しかしながら、転職に対して期待をしすぎるというのは良くありません。

20代という若い世代は仕事に対して過度な期待を持ちすぎている場合があります。

そうなると、高すぎる理想によって、希望を満たす転職先が見つからなかったり、転職後に理想とのギャップに苦しんでしまう場合が多いです。

転職が上手くいく人は、転職に対して期待はしつつも、現実をしっかり把握している傾向が強いです。

自分について、会社についての理解

転職を成功させる為に、自分についてよく理解すること、転職前の会社についてよく理解すること、応募する会社についてよく理解することが必ず必要となります。

就職活動の際、よく自己分析や業界研究、企業研究という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

それは転職活動の際にも大事なことなのです。

それをしっかり行っている人ほど転職は上手いきやすく、怠っていれば上手く行きにくいです。

自分について

転職するにあたり、自分は何を望んでいるのか、自分はどんな働き方をしたいのか、自分はどういった点であれば妥協できるのかということはよく理解しなければなりません。

そこをよく理解せずに、例えば年収を上げることばかりを考えてしまうと、転職後にやりがいがないだとか、残業が多いだとか、様々な不満を抱えることになってしまいます。

転職前の会社について

転職するにあたり、現在勤めている会社についてもよく理解しておかなければなりません。

その会社で働き続けると、今後どんなキャリアを歩んでいくのか、給料はどうなっているのかという点や、

会社自体の将来性、成長性といった点が挙げられます。

それを知らなければ、転職後に辞めなきゃ良かったとなる場合も多々あります。

応募する会社について

転職するにあたり、応募する会社についてよく調べ、理解しておくのは当然必要です。

求人広告から得られる情報ではなく、その企業のホームページや、口コミといったものも含めて、できるだけ多くの情報を得るようにしましょう。

福利厚生、残業の多さ、企業風土、会社の評判、将来性など知っておかなければ、後悔につながることは多々あります。

将来のイメージ

20代という年齢であれば、社会人生活はまだまだ長く、今後出世し仕事内容も変わっていくことがほとんどです。

ですから、転職の際には目先のことだけではなく、自分の将来のイメージも持っておかなくてはなりませn。

自分はどういったキャリアを積んでいきたいのか、それがはっきりしていかなければ、数年後に転職したことを後悔してしまったり、また転職したくなることが多いです。

転職において、運による違いもあるのは確かです。

たいして考えていなくても、適当に転職活動を行っていてもたまたま上手く行く人もいれば、しっかり準備しても上手く行かない人もいます。

転職活動を始めた時に、すぐにたまたま良い会社に巡り合えたり、たまたま会社の目に留まって内定を貰えたりできることもあります。

どうしても運に左右されるものでしょう。

しかし、納得行くまで粘り強く行うことで、たとえ運に恵まれなくても、上手く行く可能性は十分にあります。

こだわり

自分はどういったことにこだわるのかという点を現実的に捉えながら明確にするとともに、

そのこだわりを達成する為の粘り強さというのも転職が上手く行く為のコツであると言えます。

転職が上手く行かない人は、持っていたはずのこだわりを転職活動を早く終わらせる為に簡単に捨ててしまい、転職してから後悔してしまう傾向にあります。

上手く行く確率はあげることができる

転職は、どれだけ準備しても、必ず上手く行くという保証があるものではありません。

自分についても、会社についても、いくら考えたり調べたとしてもわからないことがあるものです。

ただ、絶対とは言えなくても、上手く行く確率を上げることはできます。

その為にも、今回紹介した内容については意識するようにしてみてください。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ