第二新卒の転職大成功例。心から転職して良かったと思えた体験談集。

スポンサーリンク

 

第二新卒の転職大成功例。心から転職して良かったと思えた体験談集。

入社1年目から3年目を対象とした第二新卒の転職が活発なってきた現在、転職を成功させた人はたくさんいます。

もし転職したいけどなかなか踏ん切りがつかない、成功できるイメージがわかない、転職することが怖いなんていう人がいたら、今回紹介する成功例を一度見てみてください。

とりあえず3年なんて嘘!働き続けたっていいことない。

世間では未だに就職した会社はとりあえず3年働くべきだなんて考え方があります。

しかし、はっきり言ってその考え方はもう古いです。むしろ3年以内であっても転職したいなら無理に働き続けずにさっさと転職するべきです。

3年働いてしまうと未経験の仕事に就くことは困難になります。その点、第二新卒の転職はポテンシャル採用なので経験ありだろうが未経験だろうが関係なく同じ土俵で転職することができます。違う仕事をしたいと思っているのに3年も働き続けるのはマイナスでしかありません。

何より辛い仕事を3年も続けるなんてそうそうできることではありません。だからこそ転職をおすすめします。

今回紹介するのは勇気をもって転職する決断をして成功させた人たちの例。転職しなくては得ることができなかったものを得ることができています。

第二新卒の転職成功体験談集

では今回は4つの第二新卒転職成功体験談を紹介します。

成功例1

私の就職は完全に失敗。しかも完全に自分のせいです。

就職時に重視したのは平均年収や知名度。とにかく大企業を求めて就職活動を行い、ありがたいことにそれなりの大企業から内定を頂き就職することができました。

しかし就職して仕事を始めると気づきました。興味がない仕事をすることの辛さに。

それまで私は仕事を単にお金を稼ぐ手段としてしか捉えていなかったのですが、仕事の内容ややりがいということの重要度を就職して初めて知ったのです。

最初は続けていれば仕事も楽しくなってくるかもしれないなんて考えて頑張っていましたが、仕事をすればするほどにむしろ違うことがやりたくなってきてしまいました。

そんな私は結局3年目の時に転職を決断します。今回は仕事の内容を重視し本当にやりたいことをを求めて仕事を探しました。

結果、私はやりがいを感じることができる仕事を見つけることができました。

しかも転職先は大企業で年収は下がることなく(むしろ若干上がった)、メリットしかない転職でした。

成功例2

希望の会社から内定を貰うことができ意気揚々と入社した私は入社3ヶ月目で絶望を味わいます。

その3ヶ月目にあったのが配属先発表。希望していた部署とはかけ離れた部署に配属されてしまったのです。

しかも理系職種で入社したにも関わらず配属されたのは営業です。理由はわかりませんが、その年からそういった配属が始まってしまったらしいです。

最初は頑張りましたがはっきり言ってこのまま続けるのは無理でしたね。技術者としてやっていきたいと考えていたにも関わらずまったく違う営業で異動する可能性なんてゼロと言って過言ではない状況。

このまま働いていたら技術者として働くことはどんどん不可能になっていってしまうということを認識した私は転職を決断しました。

第二新卒の転職は転職活動時点で職種が限定されていた為、無事希望の職種で転職することができました。あれから数年たちましたがこの選択は間違いではなかったと自信をもって言えます。

成功例3

私が入社した会社は絵に描いたようなブラック企業。

毎朝の朝礼で大声で社訓を言い、その後はミスをした人の堂々と罵倒、新人はとにかく飛び込み営業をさせノルマを達成するまで帰させない。それでも達成できなかったらやっぱり罵倒。

サービス残業なんて当たり前で残業代なんて支払われることはまずありませんでした。

まあまともに就職活動をしなかった自分が悪いんですが、さすがに耐えることができずに3ヶ月で退職してしまいました。

転職後の会社は前の会社に比べると本当に天国。仕事はちゃんと教えてくれるし、怒られることはあっても人前で罵倒されることはないし内容もちゃんとしてます。残業代も支払われるので給料は増えました。

同期の友人は辞めずに続けていたみたいですが1年過ぎた頃にうつ病になってしまったと聞きました。転職しなければおそらく自分もそうなっていたでしょう。

成功例4

変なプライドを持っていた私は就職活動で大企業ばかりを望んでいたものの、それが失敗に終わり、結局中小企業に行くのではなく公務員という道を選択しました。

しかし元々公務員になりたいと思っていなかった私は、実際に仕事をやっていく中でどうしてもやりがいを感じることができずに転職を決断しました。

転職活動は思ったよりもスムーズにいきました。転職エージェントが色々とサポートしてくれましたし、思った以上に希望にあった企業があったのであまり困ることはなかったです。

第二新卒の転職は就職活動で失敗した人にとっての再チャレンジの場としてとてもいい機会だと思います。

辞めたい時には辞めることも必要

第二新卒の転職は、現在とてもやりやすい状況。今の仕事に不満があるならば転職する決断をしてみてはどうでしょう。

とりあえず仕事を辞めずに転職活動を始めてみてください。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ