3年以内で会社を辞めなかったこと、転職しなかったことに後悔した話

スポンサーリンク

 

3年以内で会社を辞めなかったこと、転職しなかったことに後悔した話

まず3年は働け、3年働かないと何もわからない。

よく聞く話ですね。

これは正しいことおあるでしょう。

でも、必ずしも正しいわけじゃないんです。

今回は、実際に3年働き続けたことで、後悔した人の話を紹介します。

 仕事を辞めたかった、それでも辞めなかった

新卒で入社した会社は、元々入りたいと思っていた会社ではありませでした。

本当に入りたい会社は残念ながら内定を貰うことができず、唯一内定を貰うことができた企業に入社したんです。

ただ、一応大企業で、世間体も良い会社でした。

働き出して半年、自分のやりたい仕事ではなかった、仕事がつまらないと感じるようになり、仕事を辞めたいと考えるようになりました。

しかし、私は仕事を辞めませんでした。

まずは3年働け

とにかく3年働かなければならない。

聞いたことがある人も多いでしょう。

3年働いてみないと何もわからない。

3年以内で辞める人なんてどこも雇ってはくれない。

そう聞いたことがあります。

これは、私の中でも強く残っており、半年で辞めてもどうしようもない、とりあえず3年は働かなければいけないものだ、そう決めつけていました。

親からの反対

実家に帰った際、少しだけ今の仕事を辞めたいということを口に出しました。

その時の反応は、「せっかく大企業に入ったのにもったいない」「辞めるにはまだ早い」というものでした。

親の頭の中には、3年は働くのが当然、大企業に入れば幸せという考えがあったのです。

プライド

仕事を辞めるということに対し、マイナスイメージを持っていたことも辞めなかった原因の一つです。

仕事を辞めるのは負けだ、挫折だ、そういう考えがあったのです。

無駄なプライドを持ち、人から負けただとか挫折しただとか思われたくなかったんです。

結局仕事を辞めなかったことに後悔

結局私は、3年働きいた後で転職を決意しました。

ただ、3年働いたことに対して、今でも後悔しています。

3年働いて得たもの

3年働けという言葉に従い、実際に3年働いた結果、得たものは何だったのか。

それを考えた時、あまり思いつきませんでした。

確かに、その仕事はある程度できるようになったし、専門知識も身に付きました。

しかし、そもそも私は違う仕事がしたかったし、違う仕事に転職したのですから、そんな経験は大きな意味があるものではありませんでした。

それならば、さっさと転職し、今の仕事の経験を増やしていたほうが絶対に有意義であったと感じます。

時間の浪費

よく考えてみれば、3年たったら辞めるつもりで、対してモチベーションも持つことができずに働いていたわけですから、人よりも成長のスピードは遅かったです。

さらに、仕事を辞めたいと思いながら3年も働き続けることは辛い時間でした。

今考えれば、本当に無駄な時間です。

他人の目は一瞬のもの

変なプライドを持ち、周囲の目を気にすることの無意味さに気付けたのもようやく3年たってからです。

周囲の目なんて、ほんの一瞬のもの。

しかし、周囲の目を気にして、自分の意に反したことをしてしまうと、下手したら一生ものの失敗になってしまうのです。

辞めるか辞めないかは、自分で考えるべきこと

私が、昔からある3年は働けという考え方や、周囲の目といったものを気にした結果、仕事を辞めない選択をし、後悔しました。

しかし、それが大きな間違いなんです。

仕事を辞めるか、それとも辞めずに働くかは自分が何をやりたいか、自分がどう感じているかに従って決めるべきなんです。

辞めることが正しいわけではありません。

もう少しこの仕事をやってみようと思えるなら続けてみてもいいでしょう。

ただ、大切なのは自分自身なんです。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ