なぜ仕事は3年続けたほうが良いと言われているのか

スポンサーリンク

 

なぜ仕事は3年続けたほうが良いと言われているのか

新入社員が、先輩や上司から良く言われる「とりあえず3年間はやめるな」という言葉。

どんなに大変な仕事でも3年辞めずに続ければ、嫌だった仕事も良さがわかってくるとされています。

ただ、当の本人にとってはやりたくもない仕事を3年も続けることは辛いことだし、今後の自分のキャリアに影響するのではないかと心配にもなります。

そこで、今回は仕事を3年続けることについて考えてみます。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

仕事を3年続けることのメリット、デメリット

「3年辞めるな」は、多くの社会人の経験則から来ています。いくらやりたくない仕事でも、3年続けることには一定のメリットがあると考えられます。

ただ、そう言うのは実際に3年続けた、辞めた場合を知らない人が多く、そして過去は美化される傾向があります。当然デメリットもあるのです。

3年続けるメリット

まずは仕事を3年続けるメリットを考えてみましょう。

経済的に安定する

これは当然のことですが、イヤな仕事でもまず3年、「働きながら次を考える」ことになります。

経済的にも安定します。仕事をやめてしまってから次の職場を考える場合、収入面の課題が重くのしかかります。

希望する仕事が見つからないまま、貯金が減っていく・・・などという事態になりかねません。

業務内容を覚え、自ら提案できるようになる

どんな仕事であれ、新入社員はまず職場に慣れ、仕事をこなすのに精一杯になることでしょう。

しかし、ある程度時間が経つうちに仕事を覚え、効率が上がり、時には「こんな改善ができそうだ」という提案も思いつくようになるかもしれません。

その領域に達するまでの目安が、多くの場合は「3年」であると認識されているようです。

業界分析ができる

3年という時間があれば、その会社だけでなく、業界全体を取り巻くトレンドもつかめてくるでしょう。

同業他社への転職を狙う人にとっては、3年間で得られる業務知識などは生かしやすく、有利に働く場合も多いと思います。

新人時代とはキャリア観が変わることがある

新人時代には自分のキャリアや会社の将来を考えていたのに、3年たったら普通のサラリーマンになった。

こんな人をよく見かけます。

それと同様、新人時代には「絶対にこんな会社やめてやる」と思っていたものが、

3年を経て「少しは会社のことが理解できる」と変化することもあります。

多くの先輩社員は、こうした効果を考え、3年続けることを求めているわけです。

3年続けるデメリット

では次にデメリットにはどんなものがあるか紹介しましょう。

無駄な3年間になる可能性も高い

これは希望する会社に入れなかった、希望する仕事に就けなかった場合、だらだらと今の仕事を続けることで、無意味な3年間を過ごしてしまうことです。

入社してから3年間を無駄に過ごすことは非常にもったいないです。

仕事について知らないからこそ吸収も早いです。それゆえにだらだら過ごしてしまうと周りに置いてかれてしまいます。

チャンスを逃す

同じ職種で転職するのであれば、3年以上続けていないと厳しいです。

3年以上働いていないとスキル、経験があるとみなされないことも多いためです。

しかし、全く違う職種に移るのであれば、若いほうが有利です。

下手に3年以上続けるよりも転職では有利となることもあるのです。

いずれ後悔することに

とりあえず3年続けたけれど、結局仕事は嫌なままだった。そうなると後悔するのは目に見えています。

ただ、もし3年続けた後にそれほど嫌な仕事ではないと感じるようになったとしても、もし他にやりたい仕事があったら結局後悔をすることになります。

3年続けるか、それとも辞めるか

3年続けるか、それとも辞めるか。

いずれにしても「計画的に自分のキャリアを考える」ことが最も重要です。

周りに言われたからとりあえず3年は続けるだとか、

仕事が嫌だからまずは仕事を辞める、

というのではなく、計画的にキャリアを考え、それに向かって進みましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ