会社の飲み会に行きたくない!強制参加の苦痛な飲み会の断り方

スポンサーリンク

 

会社の飲み会に行きたくない!強制参加の苦痛な飲み会の断り方

会社の飲み会に行きたくない!

そう思っている新入社員、若手社員も多いのではなでしょうか。

上司、先輩に気をつかわなければならずに全然楽しくないにも関わらず、お金は払わなければならない。

ただ苦痛で仕方ないから本当は断りたいけれど、強制的に参加させられてしまっている人も少なくはないでしょう。

そこで、今回は行きたくない飲み会の断り方を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

行きたくない飲み会の断り方

どうしても行きたくないとき、どのように断っていますか?

いくつか飲み会を断る理由を紹介していきましょう。

金欠

今月は金欠だから行けない。特に月末に使える理由の一つです。

若手社員はまだまだ給料が少ないため、生活に支障がでてしまうような状態で飲み会に無理に参加させるようなことはしない人も多いです。

しかし、中には会社の飲み会代くらいは確保しておくのが当然だと考える人もいて、金欠を理由にすることで不快感を感じる人もいますから、上司がどういった人かを見極めた上で使ったほうがいいです。

家庭の事情

最も使いやすい理由が家庭の事情。

例えば、子供がいる人であれば子供が体調崩しているといったものや、地元から離れて就職している人であれば親がくるからなど、家族を言い訳の一つに利用するのは一つの手です。

さすがに家族よりも会社の飲み会を優先しろなんて人はいませんから、有効な手であるといえます。

体調不良

自分自身の体調不良を理由にあげる人もいるかと思います。

ただ、会社でも体調不良を演じなければなりませんから割と大変です。

先約が入ってしまっている

急に誘われた飲み会であれば、すでに先約が入っていることを理由にして断ればいいです。

プライベートは大事にすべきですから、すでに入っている予約を断ってまで、急に入った会社の飲み会を優先する必要はありません。

もし実は予定が入っていなくても、先約が入っていることにしてもいいです。

習い事

何らかの習い事をしていることにして、その習い事に行かなくてはいけないことも理由としては使えます。

特に英会話なんかは自己研さんの一つとして、むしろ褒められるかもしれません。

ただ、それなりの実力も身につけていかなければいけなくなりますが。

飲み会を断る際の注意点

飲み会を断る理由はいろいろとあります。

嘘だとばれないようにしておけば、適当に理由をつけて断ればいいです。

しかし、断る際には気を付けていけないこともあります。

行かなくてもいいという態度はとらない

飲み会に行く、行かないは個人の自由。強制的に参加させられるのはおかしい。

確かにその通りかもしれません。

しかし、行かなくていいという態度をとるのはやめましょう。

相手に断る際には、嘘でもいいから仕方なく行けないという態度で、感謝とお詫びの言葉をいう必要があります。

毎回断ることはだめ

飲み会を毎回断るのは、基本的にNG。

どんな理由を述べても、ただ行きたくないだけだと思われてしまいます。

会社生活でこれは大きな不利益をもたらす可能性も高いです。

今後の飲み会に誘われなくなるだけで済めばありがたいですが、あからさまな嫌悪感を示してくる人もいます。

職場の環境、上司や同僚がどういう人かにもよりますが、最低でも半分以上は参加しておいたほうがいいです。

毎回断るのは無理だからメリットを考えてみる

会社で働いている以上、付き合いでの飲み会に参加することは避けて通れないもの。

行きたくないと思うのも仕方ありませんが、どうせ参加しなければいけないなら飲み会に行くメリットを考えてみましょう。

上司、同僚がどういう人かわかる

会社にいる時間よりも、飲み会というお酒の入った場所のほうがその人の本質がわかりやすくなります。

そのことによって、会社でもその人に対してどういう態度が好まれ、どういう態度が嫌われるのかなどもわかるようになります。

こういったことがわかることで、会社でもうまくやれるようになってきます。

なかには、説教してくるような面倒な人もいますが、そこからもどういう人か、何を考えているかを伺うことができるようになります。

自分がどういう人かをわかってもらえる

飲み会という場では、自分がどういう人かもわかってもらえる場となりえます。

自分が抱えている仕事上での悩みをわかってくれたり、自分の人間性を理解してもらえたりします。

そのことによって、普段の仕事でコミュニケーションがとりやすくなります。

知り合いを増やせる

飲み会によっては、仕事上ではあまり関わりがない人とも話すことができる場になり、知り合いを増やすことにつながります。

知り合いを増やすことによって、今後様々な場面で助けになってもらえる可能性が高まります。

会社内での知り合いはできるだけ増やしておいたほうがいいのです。

最新情報を知ることができる

飲み会の場は、最新情報を仕入れるのに良い場所です。

上司しか知らない情報なんかも、聞くことができ、今後に役立つこともあるでしょう。

最後に

最近は「若者の飲み会離れ」なんて言葉もあるように、会社での飲み会を毛嫌いしている若手社員が増えています。

ただ、今でも飲み会は会社外でのコミュニケーションの場として広く使われており、なかなか全てを断ることができないのが現状です。

ですから、単に断るだけでなく、飲みに行くことの自分なりのメリットを考えてみてはいかがでしょか。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ