仕事についていけないことが辛い。原因と対策は?

スポンサーリンク

 

仕事についていけないことが辛い。原因と対策は?

新卒入社して、まだそれほどたっていない社会人1年目から3年目の人で、なかなか仕事に慣れない、上手く仕事をこなすことができないと感じている人も少なくはないでしょう。

経験が少ない為、それは仕方ない部分もあります。

とはいえ、上司や先輩から与えられた仕事、自分が担当している仕事はこなしていけなければなりません。

その仕事についていけないと、仕事が辛い、向いていない、会社を辞めたいと感じてしまうこともあります。

そこで、今回は仕事についていけない原因や対策を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

仕事についていけないと感じてしまうのはなぜ?

そもそも、なぜ仕事についていけないと感じるでしょう。

仕事についていけないと感じてしまうのは、以下のことが原因です。

  • 周囲のレベルが高い
  • 与えられた仕事をこなせない

周囲の知識レベル、仕事をこなすスピード、そして結果。

こういった面で自分に比べて周囲の人間が高いと感じてしまうと、仕事についていけないと感じてしまいます。

ようするに、周囲との比較によるものであると言えます。

自分が平均以下であると感じてしまうと、このように感じてしまうのです。

仕事についていけない原因

仕事についていけないと感じた時、その原因は自分の能力不足である為だと感じてしまう人が多いです。

しかし、そんな単純なことが原因ではないことがあります。

ですから仕事がついていけないと感じて自分を責める前に、どこに原因があるかを考えてみましょう。

本当に能力不足

仕事についていけない原因が本当に能力不足であることが原因であることもあります。

その年次に応じた仕事を与えられているけれど、仕事についていけない場合は、能力不足と言えるでしょう。

ただ、能力不足と行っても、知識、行動力、コミュニケーション力など足りない部分は様々です。

自分の能力を低く見てしまう

自分に自信を持てないと、どうしても自分の能力を低くみがちです。

実際はそれほど能力も低くなく、それどころかむしろ高いほうであっても、そのように感じてしまう人もいます。

なかには、たいして仕事ができなくても、自信だけはあるなんて人もいます。

そういった人は、仕事についていけないとは思っていないものです。

仕事はすべてを完璧にこなすことができる人はそういません。

仕事ができる人には、それなりの量の仕事を与えられますし、仕事ができない人は与えられる仕事の量が少なくなります。

どちらの場合であっても、余裕を持って仕事をこなせるなんてことは少ないでしょう。

そのことを知らず、仕事をこなせていないことばかりに目が行き、よりいっそう自信がなくなり、自分の能力は低いと思ってしまうのです。

周囲のレベルを高く見てしまう

周囲の人は上手く仕事をこなせているのに、自分はこなすことができていない。

周囲の人は知識があり、自分には知識が足りない。

その結果、周囲の高いレベルについていけないと思いがちです。

実は、特に周囲との差はなく、周囲も仕事をこなせずに四苦八苦していたり、知識もたまたま知っていることだったなんてこともあります。

外から見ていると誤認識してしまうことが多いのです。

また社会人1年目から3年目という経験年数の低い人だと、周囲のレベルが高く仕事についていけないと思うことが多いです。

経験年数が低いのですかr、知識も及ばない、仕事をこなすのも遅い、できることが少ないというのは当たり前のこと。

そこで、まだ経験年数が少ないからと割り切ることができればいいのですが、

そう思えずに自分のレベルは周囲のレベルにあっていないと感じてしまう人もいます。

仕事についていけないと感じた時の対処法

仕事についていけないと感じると、もっと自分にあった仕事、自分のレベルにあった会社に変わりたいと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、その前に実際はどうなのかを考えてみましょう。

実は自分の能力が低く、仕事についていけないと思ってしまっているのは間違いで、十分仕事をこなせているかもしれません。

高いと思っていた周囲のレベルは実はそれほど高くないかもしれません。

誤認識はよくあることです。

まずは、実際はどうなのかということをあらためて考えてみましょう。

意外なことに気づくことができるかもしれません。

また、仕事の能力が低い為に、仕事についていけないのであれば、自にどういった能力が足りないか、どうすれば身につければいいのかということを考えてみてください。

その点を知り、改善していくだけで解消することができることもあります。

もちろん、中にはどうしようもない場合もあるかもしれません。

本当にその仕事が合っていない場合もあるのは確かです。

転職に向けて

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ