キャリアチェンジする為に社会人3年目で転職を決意。未経験の仕事に就くなら早いほうがいい。

スポンサーリンク

 

キャリアチェンジする為に社会人3年目で転職を決意。未経験の仕事に就くなら早いほうがいい。

とりあえず3年は働いたほうがいい。そんな話はもう昔のこと。

今は第二新卒としての転職需要は高くなり、3年以内に辞めたらまともな転職なんてできないなんてことは一切ありません。

とりわけ、未経験職種に転職を考えているならば無駄に働かずに早めに転職することをおすすめします。

キャリアチェンジするなら3年以内に

経験者として同職種に転職するならば、新卒で入社した会社で3年以上の経験を積んだほうがメリットはあります。

たいていは必要経験年数として3年以上と課している場合も多いですし、その会社で働き続けることによって身につけられるスキルや経験も多いと思います。

ただ未経験の職種にキャリアチェンジしようと思ったら話は別。

3年も同じ会社で働き続けていたところで、次の仕事に生きることはそこまで多くない為、さっさと転職したほうが得られるものは多いし、実際に転職市場においても年齢が高くなればなるほど未経験の職種にキャリアチェンジすることの難易度があがってきます。

特に3年というのは一つのカギになってきます。

というのも、社会人になってから3年たつと第二新卒としての転職ができなくなる為です。

未経験の職種にキャリアチェンジしようと思うと、第二新卒として転職したほうがずっと有利です。

選択肢も多いですし、同時に受ける経験者がいても、第二新卒の場合は経験の有無よりもポテンシャルを重視する為、非常に転職しやすいのです。

3年目で転職した私の体験談

私は社会人3年目で転職しました。

就職活動が上手くいかずに希望の職種につけなかったことから、いつかは転職したいと思っていたのですが、入社間もなくして転職することは悪い、とりあえずは3年働くことが必要であると思い込んでいたので、就職してしばらくは転職活動に取り組むことすらありませんでした。

そんな中で私が転職活動することになったきっかけが同期が転職したことです。

入社当初から仲良くしてた同期だったんですが、実はこっそり転職活動をしていたみたいで、無事転職を成功させたんです。しかもそこそこ有名な会社。

そのことによって「ああ、転職できるもんなんだ」と思って、そこから第二新卒としての転職について調べるようになったんです。

調べてわかったことは、現在の第二新卒としての転職に活気があるということ、そして職種を変えるなら第二新卒として転職できるうちにしておいたほうがいいということ。

こんな情報、普通に暮らしていたらわからないですよね。私の場合は本当にたまたま同期が転職したので、それが上手くきっかけになってくれて助かりました。

まあ何はともあれ情報収集をすればするほど、さっさと転職しようという気持ちが強くなってきて転職活動を本格的に始めるに至りました。

実際に転職活動を始めてみたところ、転職活動自体はまあ面倒な部分、大変な部分もありましたが、割と上手くいってたった4社しか受けていないのにそのうち1社から内定を頂くにいたり、現在は希望の職種で働くことができています。

間違った想像はチャンスをつぶす

私の場合、間違った想像を手遅れになる前に気づかせてくれることがあったので本当に助かりました。

ただ、そのままでいたら確実にチャンスをつぶすことになっていたと思います。

事実、今の会社は第二新卒としてであれば未経験であっても採用してくれていますが、3年以上の人で未経験者が入社することができたという実績はありません。

ようするにあのまま何も知らずに3年働いていれば、少なくとも今の会社では働くことができていなかったわけです。

そういう会社は多いと思いますよ。同年齢なら3年たった経験者のほうが優先的に採用されるのは、冷静に考えれば当たり前のことですからね。

もし、今違う職種につきたいと考えているなら、とにかく早く転職活動することをおすすめします。

そもそも転職活動なんてリスクのあることではありませんからね。希望の会社に受からなかったら転職するのを辞めるという選択肢も持てるわけですから。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ