20代の平均転職回数と、転職成功率

スポンサーリンク

 

20代の平均転職回数と、転職成功率

転職回数を重ねると、転職市場で不利になる。

これはよく言われることであり、事実でしょう。

特に20代で何度も繰り返すことは、1社での勤続年数も短なってしまう為、より不利になるといえます。

では、実際に20代の社会人はどの程度転職を経験し、そして転職の成功率はどの程度になるのでしょう。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

20代の平均転職回数

新卒社員の離職率は高く、高卒で5割以上、大卒でも3割以上となっているのをいます。

すなわち、第二新卒として転職する人は非常に多くなっています。

20代として見てみると、平均転職回数は以下の通りです。

転職回数

引用:enミドルの転職 退職について

20代に限ってみると、転職したことがない人が37%に対し、転職したことがある人は63%と、転職経験がある人のほうが多いという形に。

平均のみでみると、20代社員が10人いたとすると、6,7人は新卒でその会社に入社した人ではないということになります。

意外にみんな転職しています。

転職平均回数は、転職したことがない人も含めて転職0.97回。

最も多いのは1度転職したことがある人ですが、2、3回の転職を経験している人も少なくはありません。

ただ、さすがに4回以上の転職を経験している人は少ないです。

転職回数と転職成功率の相関

転職回数が多くなってくると、転職市場では不利になると言われています。

実際もところどうなのでしょう。

転職サイトDUDAが運営しているキャリアコンパスで20代の転職回数別の転職成功率が掲載されていました。

転職成功率

引用:キャリアコンパス「20代の転職、何回まで許される?」

転職回数が1回の場合には成功率が95.7%と非常に高い数字になっていますが、2回で46.6%、3回で14.1%、4回で4.5%と、

転職回数が増えるにつれて成功率は格段におちていきます。

転職1回目は何の問題もなし、2回目まではなんとか成功にはこぎつけられそうですが、3回以上となると難易度はかなり高くなってしまいます。

転職回数が1回目、2回目の人は会社を辞めてから転職活動を進めてもいいかもしれませんが、転職3回目以降の人は会社を辞めずに転職したほうがいいでしょう。

転職回数が多く、成功率が低いとしても、会社を辞めなければ成功するまで転職活動を行い続ければいいだけです。

しかし、辞めてしまうと金銭的にも余裕がなくなってしまいますから、妥協せざるを得ないことになりかねません。

とりあえず入社してしまうと、再度転職する時には、転職回数がさらに増えることになりますから、より不利になってしまうのです。

20代が転職について考えるべきこと

会社を辞めること、転職することは、すでに当たり前のこととなっています。

なんらおかしいことではありません。

事実、転職を経験した人のほうが多いのですから。

ただ、転職回数が増えれば増えるほど、転職では不利になってしまいます。

ですから、転職する際には、次こそ自分のやりたいことをできる会社、長く働き続ける会社をしっかり選ばなくてはなりません。

とりあえず転職するのではなく、自分は何がしたいのか、転職する目的は何なのか、その上でどんな会社に行くのが正解なのかということをじっくり考えましょう。

もちろん、入社してみなければわからないことなんてことはたくさんありますから、そう上手くは行かないかもしれません。

しかし、そういう意識は必要です。

また、転職することを恐れて、不満がある中で働き続けるということも辞めましょう。

転職経験がない人はkのような考え方を持っている人が多いです。

しかし、上記結果からもわかるように転職することは当たり前のこととなっており、さらに1回目の転職成功率も非常に高いものとなっています。

にも関わらず、不満を抱えながら無駄な時間を消費するというのは非常にもったいないこと。

まずは転職活動を始めてみましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ