仕事はつまらない、社会人はつまらない。それは仕事が合ってないのかも

スポンサーリンク

 

仕事はつまらない、社会人はつまらない。それは仕事が合ってないだけかも

新入社員として会社に入った人の中で、仕事はつまらないもの、社会人はつまらないものと考えてしまっている人も多いのではないでしょうか。

そして、退職し第二新卒として転職する人もいれば、我慢して働き続ける人もいます。

確かに、社会人になる、仕事をするということは、学校に行くのとは全然違い、我慢しなければいけないこと、理不尽に耐えなければいけないこと、少し無理をしなければいけないことがあります。

ただ、本当に仕事は絶対につまらないものなのでしょうか。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

仕事をつまらないと思ってしまう理由

そもそも、なぜ仕事をつまらないと思ってしまうのでしょうか。

そこにはいくつかの理由があります。

理想と現実のギャップ

入社したての頃には、仕事に対してああいう仕事をしたい、こういう仕事をしたいと想像していたかもしれません。

しかし、実際に働いてみるとその想像は全然違っていたことに気づいてしまうことがほとんどです。

理想を思い描いていればいるほど、そのギャップによってつまらないと感じてしまいます。

特に、新卒で入社する際、まだ一度も働いたことのない状態で仕事を選びます。

実際に体験したことがない以上、想像するしかありません。

ですから入社後にギャップを感じるのも仕方のないことなのです。

仕事の時間が長い

残業が無いとしても、1日8時間、週5日。

仕事に費やす時間は非常に長いです。

さらに残業が多い場合だと、プライベートの時間はほとんどなくなり仕事しかしていないなんて人もいます。

それだけの時間を費やすと、嫌になってきてつまらないと感じるのも仕方ありません。

希望の仕事と違った

本来就きたいと思っていた会社には採用されず、やりたいと思っていた仕事と違っていた。

希望の配属先に行くことができず、希望していた仕事と全然違う仕事になってしまった。

そういった人も多いでしょう。

やりたいと思っていた仕事への思いが強ければ強いほど、それができなかった時には自分の仕事にたいしてつまらないと感じてしまいます。

学校との大きな違い

学生として学校に行くのと、社会人として会社に行くのは全く違います。

その違いに慣れずにいる人ほど、社会人として働くことは辛いでしょう。

特に学生時代に様々なことをやり、楽しく過ごしていた人ほど、仕事ばかりに時間を奪われてしまうことに苦痛を感じ、つまらないと感じてしまいます。

仕事を楽しいと思う為には

できることなら、つまらないと感じながら社会人を過ごすよりも、楽しいと思いながら過ごしたいですよね。

しかし、多くの人は、仕事はつまらないもの、社会人はつまらないものだと諦めてしまっていることも多いでしょう。

ただ、本当に諦めてしまっていいのでしょうか。

社会人生活は長いです。

その間、ずっとつまらない仕事を我慢し続けてもいいですか。

できることなら、楽しいと思いながら仕事をしたいものですよね。

では、どうすれば楽しいと思うことができるのでしょうか。

過去と比較しない

まずは、社会人として過ごすこと、仕事をすることを過去のことと比較しないようにしましょう。

全く違う学生時代と比べても、何の比較にもなりません。

また、人は過去を美化する傾向があります。

その為、今をつまらないと感じてしまうことが多いです。

まずは昔はよかった、昔は楽しかったと比較するのは辞めてみましょう。

環境を変える

あなたの周りで楽しく仕事をやっている人はいませんか?

社会人として働いている人がみんな仕事がつまらないと感じているわけではありません。

好きなことを仕事にでき、生き生きと仕事をしている人もたくさんいます。

ではなぜ自分はつまらないと思いながら仕事をしてしまっているのでしょうか。

それは単純に今の仕事が合っていないだけなのかもしれません。

その合っていない仕事を、働くとはそういうことを決めつけているだけなのかもしれません。

働いたこともないのに決めた仕事であり、そしてその仕事しか知らない。

その状態で、一体何がわかるのでしょうか。

もし仕事がつまらないと感じているのであれば、自分に合った仕事を探してみましょう。

一度働いた経験というのは非常に大きいです。

その経験があるからこそ、仕事選びを新卒時よりもしっかり行うことができます。

ただ我慢するだけではなく、ただ諦めるだけでなく、まずはもっと視野を広げてみましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ