新入社員の仕事の悩み。何に辛いと思い、仕事を辞め、転職するのか。

スポンサーリンク

 

新入社員の仕事の悩み。何に辛いと思い、仕事を辞め、転職するのか。

新入社員とは辛いものです。

多くの悩みがありますが、なかなか先輩、上司にわかってもらえなかったり、気づいて貰えないことが多いです。

そして、その悩みが増幅していき、仕事を辞めたいと感じ、実際に転職してしまう人も少なくありません。

実際、高卒者の5割、大卒者の3割が新卒として入社した会社を辞めてしまいます。

では、新入社員はどういったことに辛いと感じ、せっかく入社した会社を辞め転職してしまうのでしょう。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

新入社員にはどんな悩みがある?

新入社員にはどんな悩みがあり、どういったことに辛いと感じることはどういったことがあるのでしょうか。

実際に新入社員が抱えている悩みを紹介していきます。

上司、先輩とどう接すればいいかわからない

まず新入社員の難関が、上司や先輩にどう接すればいいかということ。

目上の人に対する接し方はやはり難しいものです。

もちろん、アルバイトであったり、部活やサークルで社員の人や先輩と接する機会はあります。

ただ、やはり会社という環境下で、実際に自分が社員として働いた時には、そういった経験がそこまで役に立たないと感じた人も少なくはないでしょう。

接し方がわからず、ただでさえ居心地わ悪い。

わからないことを聞きたいけれど、どのタイミングでどのように聞けばいいのかわからない。

そういう状況に陥ってしまい、会社に行くのが辛いと悩んでいる新入社員はたくさんいます。

仕事が与えられない

新入社員は、もちろん仕事はできません。

その為、仕事を与えられないと悩んでいる新入社員もいます。

特に忙しい環境下だと、新入社員に教えながら仕事をするよりも、自分でやったほうが早い為、仕事を与えずに放置されてしまうという状況も少なくはありません。

これは上司や先輩がどういった人かによる部分も大きい為、同期がばりばり仕事を与えられてこなしているにも関わらず、自分はろくに仕事を与えられないという状況になってしまうことになります。

やりたい仕事と全然違う

実際にやりたいと思っていた仕事と全然違う。

その理想と現実のギャップから悩みを持つ人も少なくないでしょう。

やりたいと思っていた仕事に就けたけれども、実際やってみると違うという場合もあるし、

配属先が希望していた職種と全然違ったという場合も多いです。

前者は仕事を覚えるにつれて、自分のやりたいと思っていた仕事に近づいてくることもありますが、

後者の場合は、そもそもがやりたい仕事と違い、異動も期待できないことも多い為、もう辞めて転職したいと考える人も多いです。

将来への不安

将来の不安から悩み、辛いと感じる新入社員も少なくありません。

ある程度たつと、この仕事をずっと続けていいのだろうか、このまま続けて幸せになれるのだろうか、自分は出世できるのだろうかなど、

多くの不安を抱える人もいます。

やらなくてはいけないことの判断ができない

新入社員として入った時、一通りのビジネスマナーを学んでいても、その会社特有の風習がわからずに、やるべきなのか、それともやらなくてはいいのかとい判断ができずにいる人も多いのではないでしょうか。

それはすでに会社にいる人からしたらちっぽけなことも多いかもしれません。

飲み会の席ではお酌をするべきなのかなんてことですら悩む人も多いのです。

朝起きるのが辛い

社会人になって、生活習慣が一変する人も少なくありません。

大学時代は、朝決まった時間ではなく、遅くに起きる人も多いでしょう。

特に大学4年生は授業も少ない為、不規則な生活をしている人も多いはず。

そんな中で、毎朝、朝早くに起きなくてはならないという状況を辛いと感じてしまう人もいます。

正しいかどうかがわからない

新入社員は、右も左もわからない状態。

そんな中で仕事をしていても、そのやり方が本当に正しいのかわからないもの。

最初は常に不安の中でしなくてはならず、そこが辛いと悩みを持つ人も多いです。

怒られ慣れていない

学生時代には、なかなか人に怒られることはありません。

一方、仕事では怒られることが当たり前のようにあります。

その為、怒られ慣れていない新入社員にとって、怒られること自体が辛くてしょうがなものであることが多いです。

1度や2度怒られたところで、仕事への評価、出世への影響は少ないことがほとんどですが、そのことも新入社員にはわかりません。

上司、先輩はわかってくれないもの、ではどうすれば解決する?

新入社員が辛いと思っていることのほとんどは、あまり上司や先輩はわかってくれません。

誰にでも新入社員の頃はあったものの、その頃とは環境が違っていたり、忙しくてそれどころではなかったり。

「昔は仕事は教えて貰えなかった」なんていう人もいますね。

ですから、なんでわかってくれないのだろう、いつかはわかってくれるはずと期待していても、何も変わりません。

では、どうすれば悩みを解決することができるのでしょうか。

実は悩みのほとんどは、時間が解決してくれます。

数年上の先輩を見てみるとわかりますが、自分が抱えている悩みを、数年たっても同じように持っている人はそういません。

ただ、毎日を過ごすだけでも自然と色々なことがわかってきて解決していくものなのです。

とは言え、時間がたつのを待つだけでなく、自分から動くことで解決までの速度を速めることはできます。

自分から動く方法としては、とにかくわからなかった聞いてみる、やってみる。

ただそれだけです。

辞めて転職前に一呼吸置いてみる

上記で述べたように、新入社員の抱えている悩みは、時間がたつことで解決してくれることが多いです。

念願かなって入ることができた会社を、一時の辛いという感情で辞め、転職してしまうと、社会人経験が増えていくうちに、その悩みが大したことがないことに気づき、後悔してしまうことになります。

ただ、仕事を辞め、転職することが悪いことなわけではありません。

時間が経過しても絶対に解決はないとわかっていたり、現時点での悩みが耐えきれない状態が続いているようなら転職することを選んでもいいでしょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ