上司、先輩が怖い。怒られるのが怖い。新入社員は恐怖にどう対処する?

スポンサーリンク

 

上司、先輩が怖い。怒られるのが怖い。新入社員は恐怖にどう対処する?

社会人として働き始めた新卒社員の多くがぶつかる怖いという感情。

上司が怖い。

先輩が怖い。

怒られるのが怖い。

この感情にどう対応していけばいいのでしょうか。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

誰もが感じる怖いという感情をなぜ持つ?

社会人になると怖いと感じることが当たり前のようになってしまいます。

そして、多くの人が悩み、場合によっては会社を辞めてしまうこともあります。

なぜこういった感情を感じてしまうのでしょうか。

上司、先輩が怖い、怒られるのが怖いということを社会人になるまで強く感じたことがある人も少ないのではないでしょうか。

アルバイトであったり、部活であったりと、似たようなことはあるかもしれません。

しかし、やはり社会人として働いているものとは違います。

社会人になると、上司や先輩からの態度も違えば、自分自身の捉え方も違います。

上司、先輩の態度

なぜ怖い上司、怖い先輩がいるのでしょうか。

理由はいくつかあるでしょう。

まず一つ目が、上司や先輩があなたを育てようとしているが故に厳しく接しているということ。

部下や後輩の育て方は人それぞれであり、褒めて育てる人もいれば、厳しく接して育てる人もいます。

2つ目が、単なるストレス発散に使われている場合。

会社生活はストレスが多いです。それは新入社員でなく、それなりに経験年数の長い人も同じです。

そのストレス発散として使われている可能性もあります。

新入社員は、当然ですが仕事ができません。その為、上司や先輩は怒りやすい存在となってしまうのです。

3つ目が元々の性格。

人によっては、元々無愛想であったり、人へのあたりが強かい人もいます。

そういった人が上司、先輩である場合には、怖いと感じてしまうのも仕方ありません。

4つ目は過去とのギャップ

以前の新入社員の評価が高く、その人と比較して劣っている場合には、どうしても厳しく接することになります。

ただそれは、実際に劣っているわけではないことも多いです。

過去のことはどうしても美化されることが多いです。

その美化されたものと比較されてしまうということも多いです。

自分自身の捉え方

怖いという感情が上司、先輩に原因がある場合もあれば、部下である自分自身の捉え方によるものもあります。

なぜ上司、先輩が怖い、怒られるのが怖いと思ってしまうかを考えてみましょう。

怒られることによって、評価が下がってしまうかもしれない、出世できなくなってしまうかもしれないと思ってしまう。

怒られるのを見られて恥ずかしい、プライドが傷つく。

そもそも会社生活では怒られることなんてよくあることです。

一度や二度怒られたところで、将来に影響を及ぼすなんてことはほとんどありませんし、取り戻すことも可能です。

また、周囲も誰かが怒られることは当たり前のことで、なんとも思っていません。

しかし、その影響を新入社員は良く知りません。

その為、過剰に捉えすぎることが多いです。

怖いという感情との向き合い方

では、どうすれば怖いという感情に打ち勝つことができるのでしょうか。

できないことは当然だと考える

まず、仕事ができないことは当然と考えましょう。

たかだか3年で仕事ができるようになれば、苦労もありませんがそんなことはありません。

もちろん、できなくて当然だと開き直って、なんとかしようとしないのはダメですが、できないことで自分自身を責めるのはやめましょう。

できないことは当然、怒られることも当然。

自分の成長を確認する

社会人として働きだすと、なかなか褒めてくれることはありません。

たとえ、人より成長が早くても、どれだけ成果をあげても褒められることはありません。

ですから、人に評価を求めるのではなく、自分自身で評価しましょう。

どういった点で成長したか、どういった点が足りないかを認識してみてください。

評価、出世を意識しすぎない

評価が下がる、出世できないかもしれない。

怖いという感情が生まれる原因の一つです。

しかし、そんなことを気にしていても意味はありません。

新入社員として働いている時に怒られたからといって、そこまでの影響は普通ありません。

上司、先輩を良く観察する

怒られるのが怖いなら、怒られなくするというのも一つの手です。

では、どうすれば怒られなくできるのでしょうか。

それは、上司、先輩を良く観察することです。

上司、先輩がどういったことに良く怒るのか、どういったやり方が嫌いなのかということを把握し、それをやらないようにするだけで怒られることは少なくなるでしょう。

自分が正しいと思うやり方を貫くのではなく、柔軟にやり方を変えるという方が良いでしょう。

慣れは必要

とは言え、やはり社会人になったからには、怖いと思うことに慣れていくことも必要です。

どうしても怖い存在はいるし、怒られることもあります。

それは、ある程度経験年数を重ねてもそうですし、どんな会社でもそうでしょう。

かといって、無理に慣れなきゃというわけではなく、ほうっておけば慣れてきます。

社会人なり立ての頃は、そんな経験も少なくて辛いですが、いずれは辛いと思うことも少なくなってきます。

ひどい場合には会社を変えることも大切

怖いという感情とは、社会人として向き合っていかなくてはなりません。

しかし、時には会社を変えることが必要になる場合もあるのは確かです。

あまりに理不尽な上司でパワハラに近い状態になっていたり、明らかに他の同期に比べて不利な状況に置かれていたり。

会社によっては、そういった状態になってしまっている人もいるでしょう。

そんな場合には、無理をせず会社を辞めることに戸惑わないでください。

無理して働くのではなく、心機一転新しい場所で働いてみるといいでしょう。

3年以内で辞めることは珍しいことでもなんでもありません。

より良い環境に身を置けるチャンスがあるならば、そっちを選びましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ