社会人3年目の転職理由、転職活動を成功する為の取り組み方

スポンサーリンク

 

社会人3年目の転職理由、転職活動を成功する為の取り組み方

第二新卒として転職するには最後と年となる社会人3年目。

入社間もない頃にはわからなかったことも、わかってくるようになり、そのことで仕事を辞めたい、転職したいと思う人も増えます。

仕事を辞め、転職するか、それとも働き続けるかということを選択することは難しいことですが、しっかり考え決断し、行動に移すことは大切なことです。

今回は、社会人3年目の転職nついて、転職理由は転職活動を成功させる取り組み方紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

社会人3年目で会社を辞める人

社会人3年目の人で、会社を辞める人はどの程度いると思いますか?

以前の記事、新入社員の3年以内離職率。第二新卒で転職する人はこんなに多い。の中で入社3年以内の離職率を紹介していますが、

社会人3年目に限った離職者は、新卒者の中で中学卒、高校卒、短大卒、大学卒、それぞれの学歴でもおよそ10%となっています。

全体の10人に1人が社会人3年目という1年間で辞めているのです。

非常に高い数字と言えます。

誰もがうらやむ大企業からですら、会社を辞め転職する人も少なくありません。

大企業から大企業に転職する人もいれば、あえてベンチャー企業に行く人、逆に中小企業から大企業に行く人など、様々です。

社会人3年目で辞めるということはなんらおかしいことではなく、当たり前のことと言ってもいいでしょう。

社会人3年目の転職理由

社会人3年目の転職理由はどういったものがあるでしょうか?

仕事が向いていない、年収が低い、ブラック企業だったなど、年代関係ない転職理由もありますが、社会人3年目だからこそ思う転職理由もあります。

同期と差が付き始める

社会人3年目になると、同期と差が付き始めます。

会社によっては実際に昇格に差がつくこともありますが、そうでない場合であっても評価の高い人、評価の低い人というのがわかります。

会社では一度評価が低くなってしまうと、取り戻すことがかなり難しいです。会社によっては不可能である場合もあるでしょう。

同期に比べ、評価が低い、評価されていないと感じてしまうと、仕事に対するモチベーションも落ちてしまい、仕事を辞めたい、転職したいと考えてしまいます。

仕事の面白くなさがはっきりする

社会人1年目、2年目ではまだわからなかったことが、社会人3年目ではわかってきます。

その一つが仕事の内容。

仕事をそれなりに覚え、自分でできるようになってくると、仕事自体に面白さを感じるようになります。

一方で、仕事自体が面白くないとはっきりしてしまう人もいます。

その為、もっとも面白い仕事をしたいと転職を考える人も多いです。

我慢の限界

どんなに辛くても3年は我慢しよう。そう思ってひどい会社であっても我慢してきたものの、さすがに我慢の限界を迎えてしまうこともあります。

3年は短いようで、長いです。

特に仕事が辛いと思っている状態では、非常に長く感じてしまいます。

将来が不安になる

社会人3年目になると、少し余裕がでてきて周囲にも目を向けることができるようになります。

その時に考えるのが将来について。

会社自体の将来に不安を感じることもあるでしょう。

経営は大丈夫なのか、10年後も仕事はあるのだろうか。

上司の姿を見て、自分の将来に不安を覚えることもあるでしょう。

こんな上司にはなりたくない。出世しても幸せにはなれない。

そういった転職理由から、会社を辞め転職する人も少なくはありません。

社会人3年目で転職を成功させるには

上記で紹介した以外にも、様々な理由で転職を選ぶ人は少なくはありません。

では、どうすれば転職を成功させることができるのでしょうか。

社会人3年目が転職活動を進める上での取り組み方を紹介します。

第二新卒として転職するか、キャリア採用として転職するか

社会人3年目であれば、第二新卒として転職活動を進めることになります。

ただ、もしもう少し仕事を続け、社会人4年目tなれば仕事の経験年数は丸3年となり、キャリア採用としての転職活動を進めることができるようになります。

どちらを選択するのか、しっかり考えなければなりません。

第二新卒のメリットは、基本的にポテンシャル採用であり、未経験業種へのチャレンジができることです。

ただ、これまでの仕事の経験は年数が少ないことからスキルとしてあまり認めてもらえないことがあります。

一方で、社会人4年目になってから行うキャリア採用のメリットは、これまでの経験を認めてもらえるという点です。

その為、同業種への転職はしやすいと言えます。

しかし、未経験業種への転職では年齢を重ねている分、不利になることも多いです。

また、社会人4年目になると、第二新卒の求人に応募できなくなります。

とにかくすぐ辞めたいからという理由ではなく、自分がどういった転職をしたいかをしっかり考え選択する必要があります。

ライバルは社会人1年目、2年目

第二新卒として転職する場合のライバルは、社会人1年目、2年目の人達です。

そういった人達にくらべ、どういった点が有利で、どういった点が不利なのかしっかり知っておきましょう。

第二新卒に求められているのは、柔軟性、ポテンシャル、社会人マナー、仕事の進め方等の基本的なスキルです。

社会人3年目になると、柔軟性においては社会人1年目、2年目の人に比べて不利にされてしまうこともあります。

前の会社が長いほど、その会社に特有のことに慣れてしまい、新しい会社へに順応することを阻害してしまうと思われるのです。

ですから、そういった面で不利にならないようにアピールする必要があります。

逆に社会人マナーや仕事の進め方は経験年数が長い分、有利になります。

実績として語ることができるものがあれば、たとえ未経験業種への転職であっても、有効なアピールとなります。

何を求められて、どのようにアピールするかをしっかり考えましょ

広い視野で考える

仕事に対する不満や会社に対する不満が大きい中で、会社を辞め転職する場合、どうしても一つの考え方を固執しすぎです

例えば、あの仕事がしたいだとか、年収が高い会社がいいだとか、不満に感じていることを解消することばかりを考えがちです。

しかし、そのように会社を決めてしまうと、結局違う面で不満を感じ、また会社を辞めたいと思ってしまうことになります。

広い視野で、仕事について、労働条件について、自分がどういったことを望んでいるのかを考えましょう。

社会人3年目には、転職する気がなくても転職活動してみたほうがいい

社会人3年目の転職について話してきましたが、もし転職する気がない、4年目になったら転職するつもりという人であっても、転職活動をしてみることをおすすめします。

というのも転職活動によって得られるメリットは大きいからです。

転職活動をすることによるメリットは以下のようなものがあります。

自分の仕事、会社を客観的に見ることができる

新卒から一つの会社で働いている限り、あまり他の会社について知ることはできません。

その為、視野が狭くなり、自分の会社がどういったものなのかわからなくなってしまいます。

転職活動することにより、様々な会社を知ることで、客観的に見ることができるようになります。

自分についてよく考える機会になる

自分の強み、弱み、将来のキャリアプランなどを考えるにもいい機会となります。

惰性で会社生活をずっと送ってもいいことはありません。

自分がどうなりたいか、そしてその為にはどうすればいいかも見ることができます。

頭の中を整理できる

誰もが、仕事に対して少なからず不満を感じているでしょう。

また、ただがむしゃらに働いて、何が楽しくて、何が不満なのかもよくわからないなんてことになっている人もいるのではないでしょうか。

転職活動することにより、頭の中を整理することができ、冷静に考えることができるようになります。

よりよい会社が見つかるかもしれない

もしかしたら、よりよい会社が見tかるかもしれません。

最初は転職する気がなくても、そういった会社が見つかり転職したほうがいいと思うかもしれません。

何もしなければ、そういった可能性も潰すことになってしまいます。

最後に

社会人3年目は、楽しくすごせればいいですが、上手くいっていない人には辛い年次です。

決断に迫られることも多いでしょう。

ただ、そういった時には一つ一つ、自分としっかり向き合い、どうすべきなのかを考えていきましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ