新卒入社、第二新卒入社、中途採用者で給料、出世にどんな違いがある?

スポンサーリンク

 

新卒入社、第二新卒入社、中途採用者で給料、出世にどんな違いがある?

学校を卒業してからその会社で働き続けている新卒入社の人。

新卒入社後3年以内に辞め、入社してきた第二新卒入社の人。

第二新卒以外で転職して入社してきた中途入社の人。

会社には様々な入社の仕方があり、色々な人が違います。

だだ、入社の仕方の違いは、給料や出世にも影響を及ぼします。

そこで今回は、新卒入社、第二新卒入社、中途採用者での給料や出世の違いを紹介していきます。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

新卒入社、中途入社で給料はどう違う?

まずは給料面の違いを紹介しましょう。

新卒入社の人は、それぞれの会社が設定している給与システムに準じ、勤続年数に応じて年々給料が上がっていきます。

毎年の定期昇給、数年に一回の定期昇格によって、出世コースを外れたとしても年齢が高くなるにつれ給料があがっていく会社が多いです。

成果主義を導入している会社では、実績によって給料が極端にあがったり、下がったりすることもありますが、日本企業では年功序列制度を導入している会社が多い為、上記のようになります。

新卒入社の人を基準とした時、第二新卒者は良くて同等、悪いと1年、2年遅れとなることもあります。

第二新卒として入社した場合には、最初の給料が同じ年齢の人と同じに設定されるか、もしくは例え3年目だとしても未経験ということで1、2年遅れの給料に設定されることが多いです。

第二新卒ではなき、通常の中途採用者の場合には、対応は様々です。

新卒入社者と同様の給与システムを採用し、年齢に応じた給料を渡す場合もあれば、新卒入社者よりは低く設定する場合もあります。

稀に、新卒入社者よりも給料を高く設定する場合もあります。

中途採用の中でもスキル、経験を見込まれて入社するキャリア採用の場合、会社の為に欲しい人材がいれば、高い給料をだしてでも来てもらいたい場合もあるのです。

退職金は、勤続年数が長くなる新卒入社が多くもらえます。

転職した場合には、転職後の会社での勤続年数がどうしても短くなりますから、その分退職金は低くなってしまいます。

新卒入社、中途入社で出世はどう違う?

出世については、多くの会社で生え抜きで育った人を大切にするという考えから、新卒入社の人が優遇される傾向があります。

中途採用者の場合、最初から役職を与えられることもありますが、

その役職以に上は出世できなかったり、できたとしても一定までと決まっている場合もあります。

新卒入社の人は入社してから同期と出世競争しますが、中途採用では入社時点で出世競争が終わってしまっていたり、そもそも競争する場に立たせてもらえないということがあります。

第二新卒の場合は、中途採用ほど新卒入社の人と区別されずに、新卒同様に扱われることもあります。

新卒入社が有利だから転職しないは間違い

上記で述べたように、新卒入社と中途入社を比べると、新卒入社のほうが給料が高いことが多いし、出世もしやすいのが現実です。

終身雇用制度、年功序列制度を採用している日本は、これが現実なのです。

では、転職せずに新卒で入社して働き続けるほうがいいのでしょうか。

それは間違いです。

給料面で行けば、転職によって給料がアップする可能性もあります。

転職後の会社では、その会社に新卒入社した同じ年齢の人に比べると給料は少ないかもしれませんが、自分だけを見ると給料は上がっているのです。

何より、給料面、出世面で有利だからといって、定年までの40年近くを働きたくない会社、やりがい仕事をやり続けますか?

その選択を幸せだと思えますか?

一度、自分にとってどんな選択がいいのか、しっかり考えてみましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ