仕事が楽しくない!楽しい仕事ってどんな仕事?

スポンサーリンク

 

仕事が楽しくない!楽しい仕事ってどんな仕事?

仕事が楽しくないという理由から転職を考える人も少なくはないでしょう。

確かに、仕事が楽しくない状態でその仕事をし続けるというのは苦痛です。

では仕事を楽しいと思えるものにするにはどうすればいいでしょうか。

おすすめ;二新卒におすすめの転職サイト

仕事って楽しくないもの?

仕事の全てが楽しいと思える人は、ほとんどいないと思います。

トラブルに巻き込まれたり、上司に怒られたり、人前で発表しなくてはいけないこともあったり、むしろほとんどの人は嫌だと感じている人が多いかもしれません。

しかし、それでも仕事全体を見た時には仕事が楽しいと思っている人もいるのは確かです。

そして、それは仕事自体の内容だけでなく、その人自身の仕事のとらえ方によっても大きく変わります。

同じ仕事をしていても、その仕事を楽しいと思える人も、楽しくないと思ってしまう人もいるのです。

とにかく一つ言えるのは、必ずしも仕事は楽しくないものではないということです。

仕事を楽しいものにする為には

では、仕事を楽しいものにする為にはどうすればいいでしょうか。

成功体験

仕事を楽しいものにする上で、成功体験をつくるということは必要です。

成功したからこそ、これまで苦しくてもやってきたことが報われ、喜びを感じることができます。

そして成功体験はその後のモチベーションアップにつながり、さらに成功を体験することができます。

それは決して大きな成功である必要はなく、小さな成功から感じることも大切です。

若手社員は、大きな仕事を求めすぎて、結局成功体験を味わえないまま、やりがいがないと決めつけてしまいがちです。

自分に合った仕事に就く

もちろん、自分に合った仕事に就くというのは仕事を楽しむ上で大切な要素です。

興味をもっているもの、関心が強いもの、やりがいを感じることができることは、人によって様々です。

例えば、人と関わることに喜びを感じることができる人もいれば、人と関わることはあまりしたくないという人もいます。

自分の興味、性格にあった仕事を選ぶということも大切です。

続けていれば責任のある仕事はいつかできる

第二新卒の退職理由に、責任のある仕事を任せてもらえないというものがあります。

また、新入社員が仕事を選ぶ時に、若くても責任のある仕事を任せてもらえそうだという理由で選ぶ人も多いです。

確かに責任のある仕事のほうが、やりがいを強く、仕事が楽しいと感じることができるかもしれません。

しかし、たとえ今なかなか任せて貰えなくても、時間がたてば自然と責任のある仕事を任せてもらえますから、焦る必要はありません。

今はできるだけ早く責任のある仕事を任せて貰えるように、スキルを身につけていく努力をするのが最善です。

楽しもうと思わなければ楽しくはならない

仕事が楽しくないと思ってしまうと、どんなことがあろうと楽しくないと思ってしまうものです。

意識的に仕事を楽しもうと思うことも必要です。

そうすることで、今まで楽しくないと思っていたことでも、実は楽しいのではないかと気づくこともあります。

仕事は徐々に楽しくなってくることもある

仕事は最初楽しくなくても、徐々に楽しくなってくることも多々あります。

誰だって仕事ができない時は楽しさを感じることができないし、立場の弱い若手は辛いこともあります。

しかし、仕事ができるようになってきて、裁量も大きくなってくることで、徐々に楽しくなっていくものです。

期待しすぎない

仕事が楽しくないと思っている人の中に、仕事に対して過度な期待をしすぎている人もいます。

仕事はあくまで仕事です。

趣味同様の楽しさ、学校のような楽しさを求めても、それは無理な話です。

あくまで仕事であり、お金を貰っていることを忘れてはいけません。

人間関係、労働条件は大切

仕事を楽しいものにする上で、人間関係や労働条件はかなり大切なことです。

人間関係が悪ければ、仕事は絶対に楽しくないし、給料が低すぎたり、残業が多すぎることも仕事が楽しくないということにつながります。

仕事を選ぶ際に、仕事の内容だけで選ぶのではなく、必ず条件も大切にしなくてはいけません。

辞める前に本当に楽しいものにできないか考えてみる

仕事が楽しくないからという理由から辞める人は、かなり高い確率で後悔してしまいます。

結局、次の仕事でも同様に仕事が楽しくないと思ってしまったり、前の仕事のほうが良かったと思ってしまいます。

もちろん、辞めて転職することが悪いことではありません。

転職することで解決できることもあります。

ただ、まずは今の仕事が本当に楽しいものにできないかを考えてみてください。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ