離職率が高い業界、会社、職場の理由や特徴

スポンサーリンク

 

離職率が高い業界、会社、職場の理由や特徴

入社3年以内の離職率が非常に高いのは有名ですが、離職率は業界や会社によって大きく違います。

では、離職率が高い業界や会社はどういった特徴を持っているのでしょうか。

今回は離職率の高い業界や会社、そして職場の特徴や理由を紹介していきます。

離職率の高い業界や会社の特徴や理由

以前「の記事「新入社員の3年以内離職率。第二新卒で転職する人はこんなに多い。」で紹介していますが、

離職率の高い業界としては、宿泊、飲食業やサービス業、小売業、建設業といったものがあります。

それらの業界、そして会社の離職率が高いのは、以下の特徴や理由があると案がえられます。

ブラック企業が多い

飲食業やサービス業といった業界は、ブラック企業が多いことでも有名です。

サービス残業が当然のように行われていたり、パワハラが行われて当然なんて会社もたくさんあります。

そういった会社であれば、離職率が高くなるのも仕方ありません。

休日が少ない、休日が不規則

飲食業やサービス業、宿泊業は休日が土日ではなく、平日かつシフト制の為に不規則であることが多いです。

また、GWやお盆、正月といった、一般の人が休みの日も仕事をしなくてはいけません。

さらに、休日数も他の業界に比べて少なく、平均でも年間休日数が100日をきっています。

こういった業界は休日こそが繁忙期となる為、仕方のないことではありますが、労働者にとって休日が不規則でかつ少ないことは、働きにくいと感じる場合が多いでしょう。

残業が多く、仕事がハード

サービス残業なければ、残業が多いと残業代がたくさんでるから良いという人もいますが、

あまりに残業が多すぎて不満を感じる人が多いです。

残業の長さとも関連がありますが、あまりに仕事がハードだとやはり離職率は高くなります。

仕事は楽すぎてもやりがいを感じられませんが、大変すぎるのはやはり避けたいところです。

私の友人は建築業界で働いていましたが、朝早くから夜遅くまで仕事、休日も出勤というきつさから体を壊し、結果的に退職してしまいました。

給料が低い

働いた対価をして受け取る給料は、働くうえで非常に大切なものとなります。

生活の原資ともなるものですから、低すぎる給料によってその仕事を続けていけないと感じる人も多いです。

離職率の高い業界は、平均年収としても低い傾向がありマスカラ、これも一つの要因と言えるでしょう。

離職率の高い職場の特徴や理由

大きなくくりつぃて、離職率の高い業界、会社の特徴、理由を挙げてきましたが、それだけで決まるわけではありません。

職場の環境もまた、仕事を辞める人がたくさんでるか、それとも長続きするかが変わってきます。

そこで、離職率が高くなってしまう職場の特徴、理由を紹介していきましょう。

職場内にいじめがある

職場内でいじめがあると、そのいじめられている本人だけに限らず、辞める人が増えます。

人間関係が悪い環境は、それだけ職場の居心地が悪くなってしまい、会社に行きたくなくなってしまいますよね。

実際、会社を退職した理由として、人間関係が上手くいかないということを挙げている人は非常に多いです。

チームワークが悪い

通常、仕事はチームとして行うことが多いです。

そのチームがチームとして機能していないことは、若手社員にとっては非常に辛いです。

仕事をしっかり教えて貰えなかったり、仕事を助けて貰えなかったりするのは、まだ一通りの仕事を自分だけでできない新入社員にとっては辛いですよね。

また、それぞれの役職に応じて権限も違いますから、先輩や上司にやってもらわなければならないこともあります。

その時に助けて貰えずに、どうしようもなくなってしまったという経験を持っている人も多いのではないでしょか。

上司、先輩に魅力がない

若手社員にとって、上司や先輩が尊敬できる人間か、魅力ある人間かというのは非常に大切なことです。

全然魅力もなく、尊敬できない人だと、このままこの会社で働いていてもだめだと感じる人も多いです。

上司や先輩の姿は、将来自分がそうなるであろう姿の参考例となりますから、それが嫌なものであれば、会社に居続けたくないと思ってしまうのも仕方なかもしれません。

上下関係が厳しすぎる

会社では上下関係があって当然です。

上下関係が全くない会社なんてありませんし、そういう会社は上手くいかなでしょう。

ただ、あまりに上下関係が厳しく、年齢や役職が上というだけで絶対的な存在になってしまうとあまり良くありません。

そうなって、何の意見も言えなくなってしまい、仕事をしていて楽しくないと思ってしまう人が多いです。

自分がどんな働き方をしたいか

今回、離職率の高い業界や会社などを紹介してきましたが、そういった業界や会社はさけましょうというわけではありません。

ブラック企業は避けるべきですが、自分がその仕事をしたいと思っており、残業が多少多くても大丈夫、ちょっとやそっとのことは乗り越えられると思っているならば、働いてみてもいいでしょう。

大切なのは、自分がどういう仕事をしたいか、どういった働き方をしたいかということです。

とは言え、どうしようもない会社もありますから、就職、転職時にはその会社についてしっかり調べることは絶対に行いましょう。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ