第二新卒でも円満退職をするには?

スポンサーリンク

 

第二新卒でも円満退職をするには?

退職する場合、どんな理由であれ、できることならば円満退職が良いです。

退職時の気分も変わってきますし、同じ業界に転職するのであれば、今後思わぬところでかかわる可能性もあります。

しかし、第二新卒として転職する場合は特に円満退職が難しくなります。

そこで、今回は第二新卒として転職する際の円満退職する方法を紹介します。

おすすめ;第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒の転職では円満退職が難しい理由

ある程度の年数働いた場合であっても、円満退職することができない人もいます。

勤続年数の短い第二新卒は、さらに難しいのが現状です。

その理由を紹介していきましょう。

3年以内に辞めることに悪いイメージがある

どんな仕事であっても3年は働くべきであるということは昔から言われていることであり、今でもそう考える人は多いです。

特に、年齢が高い人ほどそう思っている人は多く、ちょうど上司なんかにはそういう人が多いでしょう。

その為、辞めることに対して、反対することが多かったり、辞める人間に対して悪いイメージを持ってしまいます。

会社に利益をもたらしていない

会社にとって入社間もない人は、赤字の人材です。

採用にもコストがかかりますし、教育にもコストがかかります。

その上で、給料も払うわけですから、大きな赤字となります。

ただ、それは将来の投資であり、今後会社に利益をもたらせてくれることを考えているのです。

しかし、入社3年以内に会社を辞められてしまうと、投資は失敗となり、ただの赤字となってしまうのです。

上司の中には、「お前を教育する為に雇ったんじゃない」なんて言う人もいるかもしれません。

というか、私がそう言われました。

計画が崩れる

第二新卒に限りませんが、人が一人いなくなるということは、今後たてていた計画が崩れてしまうことにつながります。

会社は、ある程度長期的に計画をたてて仕事を組んでいます。

もし一人辞めてしまうと、一人分の仕事が余ってしまい、他の人の仕事の負担が大きくなってしまったり、人員配置をやり直さなければいけなくなります。

補充の為にあらたに雇うにしても、採用にもコストがかかりますし、即戦力として働くことができる人材はそうはいません。

第二新卒でも円満退職するには

では、第二新卒でも円満退職するにはどうすればいいでしょうか。

円満退職する方法を紹介します。

普段の関係は良好に保っておく

まず、普段の関係は良好に保っておかなければなりません。

関係が悪ければ悪いほど、辞める時に色々と言われてしまいます。

良好であれば、転職に関して前向きな理由を言った時に、今後のことを応援してくれたり、心配もしてくれます。

転職することを決めても、仕事に手を抜かない

転職することを自分の中で決めると、ついつい仕事に手を抜いてしまうことも少なくありません。

どうせ辞めるから、成果をだしても意味はない。

そう思ってしまうのも仕方ないかもしれません。

しかし、あくまでまだ給料を貰っているということを忘れてはいけません。

例え転職するとしても、決して手は抜かないようにしましょう。

感謝の意を示す

退職を伝える際には、必ず感謝の意を示すようにしてください。

心の中では、こんな会社辞めて当然だとか思っているかもしれませんが、決して本心はださず、

どんな嫌いな上司であっても、全く感謝なんかしていなくても、表面上でいいので感謝の意を示すようにしましょう。

退職の意思は早いほうがいい

退職を伝えるのは、労働基準法で最低2週間前でいいとなっています。

だからといって、退職が決まっているにも関わらず2週間前まで伝えないというのは辞めましょう。

退職の手続き、引継ぎや人員配置などを考えると、2週間では少ないです。

できれば、1ヶ月より前に伝えるほうが良いです。

しかし、円満退職はどうあがいても無理だなと感じていたら、あまり早く伝えてしまうと居心地の悪い期間が長くなってしまいます。

ですから、周囲の状況を見極め、予測した上で伝える必要はあります。

退職理由は前向きなものを

退職理由は「どうしてもやりたいことがある」、必ず前向きなものにしましょう。

決して会社の批判になるようなことは言ってはいけません。

直接的でなくても、より年収が高い会社に転職する、もっと自分を成長できる会社に行きたい、やりがいのある仕事に就きたいといったものも、その会社の批判になる為、NGです。

円満退職できなかったら

もし、どうあがいても円満退職できないということはあり得ます。

別にそれはそれで気にする必要はありません。

仕方がないことだと割り切って、退職まで耐えることだけ考えましょう。

退職してしまえば、こっちのものです。

もちろん円満退職できることがベストですが、たとえできなくても影響はそんなに大きくありません。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ