20代後半でも未経験の仕事に転職はできるのか、厳しい現実は受け止めなくてはならない

スポンサーリンク

 

20代後半でも未経験の仕事に転職はできるのか、厳しい現実は受け止めなくてはならない

中途採用はあくまで経験がある人を即戦力として採用する場。

全くの未経験ならばまだ何も染まってない、転職した経験もない新卒社員を雇うことを優先します。

ただ入社3年以内の第二新卒はビジネスマナー等が身についている、違う仕事での経験を持っているという新卒者とは違ったメリットがあるので、未経験職に転職がしやすい傾向があります。

だからこそ就職後に配属先が違ったり、想定していた仕事と違った場合には20代前半のうちに第二新卒として転職しなくてはなりません。

ただ20代後半になり第二新卒として転職できなくなってから未経験の仕事に転職したくなることだってありますよね。特に20代だと考え方が変わることだってまだまだ多いです。

しかし未経験の仕事に転職することは難しくもあったり、様々なデメリットもあることは必ず知っておきましょう。

20代後半で未経験の仕事に転職することの現実

20代後半で未経験の仕事に転職することは決して不可能なことではありません。

ただ甘いものでもありません。

これから転職することを考えている人は、まず厳しい現実もしっかり受け止めなくてはなりません。

未経験の仕事に転職する難しさ

30代、40代に比べると未経験の仕事への転職難易度はかなり低め。

しかしそれはあくまで未経験の仕事に転職するという枠の中で比較した場合に過ぎません。

20代後半同士で経験ある仕事に転職する場合と未経験の仕事に転職する場合を比べれば当然経験ある仕事に転職する場合のほうがよっぽど難易度は低いです。

ここでいう難易度というのは、どれほどの条件で転職できるのかということ。

今の状況だと未経験の仕事であっても20代後半であれば、条件を下げればどこかに転職することは可能です。

ただ年収ダウン、休日等の条件面での悪化等を受け入れる必要がでてきます。

経験者であればより高給の大企業にだって転職することが可能、この差は大きいです。

20代後半でも未経験者を採用している企業、職種の特徴

基本的には20代後半は経験者採用、未経験者は新卒もしくは入社3年以内の第二新卒。その中で20代後半でも未経験者を中途採用しているのはどういった企業、どういった職種が多いでしょうか。

まずは企業。基本的に大手企業は未経験者採用を行っていません、中には第二新卒者の採用すら行っていない場合もあります。

未経験者可なのは中堅企業がちらほら、大半は中小企業です。知名度が低く、新卒者が集まりにくい、中途採用で求人をだしても中々応募が集まらないといった企業がそれでも人を雇う為に未経験者可としている場合が多いです。

次に職種。営業や販売といった需要が多いわりにあまり人気がない仕事が中心となっています。人気がない理由としては残業が多い、仕事がきつい、他の職種に比べて給料が低めであるという傾向があります。

転職はできる、でも現実は甘くない

このように年齢を重ねてから未経験への仕事に転職するというのは、厳しい面があるのは間違いありません。

もちろんそれは一時的に損するだけにとどまることもあります。

20代のうちに転職したおかげで最初は給料が下がったもののその仕事でキャリアを積み上げて10年後には前の仕事で10年たった時よりも給料が上がったなんてことだって十分にありえることです。

ただ決して良いことばかりではないので、しっかり現実を受け止め、決して勢いで転職しないように注意しなくてはなりません。

それでも転職したいと思った時には

もしもあなたがそれでも転職したい、どうしてもその仕事をしたいというのであれば、ぜひ転職活動を始めてください。

ただ今がラストチャンスだという自覚は持ってください。

もし30代を過ぎてまた未経験の仕事に転職したいと思っても、さらに条件が下がるだけ。もしかしたら転職先が見つからないことだってありえます。

また一度未経験の仕事に転職したのに再度未経験の仕事に転職するのは、キャリアがばらばらになってしまってさらに悪い印象を与えてしまいます。

転職活動は始めるにあたり

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ