新卒1年目で仕事を辞めたい人はチェック。転職で成功する人、失敗する人の違い。

スポンサーリンク

 

新卒1年目で仕事を辞めたい人はチェック。転職で成功する人、失敗する人の違い。

新卒で入社した会社を1年目で辞めて転職する。まあ世間からは甘い、逃げなど色々と言われるかもしれませんね。

ただ、別に1年目で辞めることは珍しいことでもなんでもなくて、およそ1割の新社会人が辞めていますし、半数くらいは会社を辞めたいと考えています。

そもそも社会人として働いてきたことない学生が自分にマッチする仕事を選ぶ、まともな起業家どうかを見極めるというのはやはり無理な話。一定数はミスマッチが起きることは仕方のないことですよ。

だからそんなに悲観しなくていいんです。

最近はそのことに対して理解が深まり、たとえ新卒入社後すぐに会社を辞めた人が該当する第二新卒として転職需要がかなり伸びています。そして非常に転職がしやすくなっています。

ですから、1年目だって無理に3年なんて我慢せずに転職すればいいんです。

ただ、新卒1年目の人に限ったことではありませんが、転職はそれが成功だと言える人もいれば失敗だと後悔するという人がいるのも事実。転職する際にはそのことをしっかり理解しておかなくてはなりません。

1年目の転職を成功させる為に必要なこととは?

転職が成功に終わるか、それとも失敗に終わるかは決して運ではありません。転職活動の際にどんなことを行ってきたかで成功するかどうかが変わってきます。

まずは転職活動で最低限守らなくてはいけないことを紹介します。

希望を明確にする

転職活動の際に希望条件を決めるのは当たり前なんですが、意外にできていない人も多いんです。

せっかく一度社会人を経験しているんですから、学生時代の就職活動では考えてもいなかったことも思いつくはずですから、じっくり考えてみましょう。

休日日数は最低何日間か、残業時間はどれくらいまでなら許せるか、現在の年収はどれくらいを希望するか、30歳、40歳の時にどれくらいの年収が欲しいか、仕事内容はどんなことを希望するか、どんな雰囲気の職場がいいか、福利厚生は何が必要かなど、

一つずつ考えてみてください。

自力で何とかしようとしない

転職活動は自力でなんとかしようと思ってはだめですよ。

ハローワークや転職サイトで自分で探して応募しても、企業とのマッチングができずに応募数が増えてしまったり、履歴書の質が低かったり、面接もグダグダになってしまったりといいことがありません。

転職サイト経由で応募する場合であっても、プロである転職エージェントにはサポートしてもらうようにしましょう。

妥協しない、納得行くまで転職活動をする

転職で失敗する大きな原因が、転職活動をしている途中で妥協してしまって、本来持っていた目的からずれた会社に入社してしまうことです。

不思議なもので、最初はしっかり目的意識を持っていても転職活動が長引いてくるといつの間にか転職活動を終わらせたいという意識が強くなってしまって間違った方向に進んでしまうんですね。

最後まで妥協しない、納得行くまで転職活動をするという意識をしっかり持つようにしましょう。

1年目で転職を成功させた人、失敗して後悔した人の違い

ここまで紹介したことは、転職活動において基本となること。

ここからは、もうちょっと踏み込んで1年目で転職を成功させた人と失敗して後悔をした人の違いについて紹介していきます。

今の仕事を良くしようという努力はしたか

転職の理由が休日が少ない、残業が多いといった個人の力で改善しようがないことなら仕方ありません。

しかし、人間関係が悪いだとか、仕事がつまらないだとか、もしかしたら個人の力でなんとかなる可能性がある場合については、転職が成功に終わる人はなんとかしようという努力をする傾向があります。一方、何も努力せずに早々に辞めることを決めてしまう人は失敗に終わりやすいです。

転職したって何だかんだ何かに不満を持つものです。少しは我慢しなくてはいけないこともありますし、解消しようとする努力も絶対に必要になってきます。それができない人はまずは自分を変えがほうが良さそうです。

過去と見比べない

転職してから過去にいた会社と見比べてばっかりいる人は、転職したことに後悔する可能性が高くなりますね。辞めてしまえばやっぱり良く見えてくるものですから。

転職したなら転職したで、もう割り切って今の仕事に集中することが大事になります。場合によっては以前いた会社の人との関係を打ち切ったほうがいいかもしれません。

できる仕事を選ばない

1年目で辞めたとしても、その会社で学んだことはあると思います。ただ学んだことに捉われすぎてしまうのはNG。

第二新卒での転職は未経験の職種にチャレンジしやすいことが大きなメリットであるのも関わらず、転職だからと自分のできる仕事ばかりを探していけば選択肢がせばまってしまうだけです。

仕事に過剰な夢を抱かない

仕事が楽しくないものだと決めつけるのは良くないです。ただ、過剰に夢を抱きすぎるのもNG.

転職で成功できた人って仕事に関してしっかり現実をみた上で仕事を選んでいるように思います。

どんな仕事だってつまらない雑用はあるし、やりたくもない仕事をやらなきゃいけないことはあります。そのことに気づかずに憧れだけで仕事を決めると失敗に終わるのも仕方ないですね。

落ち着いている

転職で成功した人は落ち着いている人が多く、逆に失敗してしまう人は焦ってしまっている人が多いですね。

まあ焦ってしまうと転職先に妥協してしまったり、自分のことをよく考える時間をとっていなかったりするので失敗する可能性が上がってしまうのもしかたのないことです。

時間をかけるろころはしっかりと時間をかけ、じっくり転職活動を行うのも成功率を上げる為には必要であると言えます。

反省している

転職で成功した人は、新卒で入社した会社を1年たたずに辞めることになったことに対して反省し、一方で転職で失敗した人は、会社のせいだ、上司のせいだと他人の責任ばかりにしてしまっている傾向にあります。

どんな理由から転職するにしても自分で反省することってあるはずです。そもそもその仕事、その会社を選んだのは自分なわけですし。

そのことに気づかなければ、また会社のせいにして辞めたいと思うはめになります。

転職活動は準備段階が一番大切

転職活動では履歴書を書いたり、面接に挑んだりすることばかりに注目しがちですが、成功か失敗かを左右するのはそんなことではありません。

如何に自分のことを理解し、如何に仕事のことをよく調べるか、すなわち準備の段階が一番大切になるんです。

これを疎かにしてしまうと、失敗する確率は格段に上がってしまいますので、これから転職活動を始めようと思っている人は注意してみてください。

現在、企業の若手人材不足による第二新卒者の需要増加はとても顕著になっており、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

まずは転職サイトに登録して転職活動のスタートを切ってください。

第二新卒者が転職する場合に使う転職サイトとしてはMIIDAS、転職エージェントとしてはdodaハタラクティブリクルートエージェントがおすすめです。

MIIDASはオファー型の転職サイト。自分から求人を探すのではなく、質問に答えるだけでオファーを貰うことができるという形になっています。

登録するとまずは自分の経歴から平均的な年収相場を見ることができるというところも面白い点。

もっと良い転職が本来はできるはずなのに、その目測を誤って自ら市場価値を下げた転職をすることを防いでくれます。

貰えるオファーには大手企業も多く、しかもオファーを貰った時点で書類選考なしの面接確約。当然最初から受けるよる内定率は高くなります。

◆公式:MIIDAS

dodaは国内最大手の転職エージェントサービス。

幅広い年齢層を対象としていますが、近年の第二新卒需要の高さからかなり20代に力を入れるようになっています。

転職エージェントは未経験者にはきついと勘違いしている人もいるようですがそんなことはありません。

転職エージェントは非公開求人の紹介から書類選考や面接サポートなどを無料で行ってくれるので、一つは使うようにしてください。

なおdodaでは転職エージェントだけではなく自分で求人を検索したりスカウト機能で応募することも可能です。

一つのサイトで転職サイトとしても転職エージェントとしても使えるのでかなりお勧めです。

◆公式:doda

ハタラクティブは第二新卒や既卒などを対象とした20代の転職に強みをもっているので転職エージェントです。

未経験業界に転職したいといういうな人は特に向いているかと思います。

最近はこのような20代向けの転職サービスがとても増えていますが、その中で実績、知名度も高いです。

◆公式:ハタラクティブ

リクルートエージェントでは転職活動に関する直接的なサポートだけではなく、希望すればキャリアの相談といったことも行ってくれるので、気軽に利用してみるのもいいですよ。

最近は第二新卒転職にかなり力を入れていますから、ぜひ使ってみてください。

◆公式:リクルートエージェント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ